カードで買える商品券、便利に使えるAmazon商品券

64c6103a1092189520590f3148659262_s

“今月は家計が厳しいからクレジットカードのキャッシングでなんとかしよう”そう思ってつい使いすぎしまう内に限度額まで利用してしまったという経験をした方は少なくはないでしょう。そんな時に便利なのがクレジットカードで商品券を購入して、換金ショップで現金と交換してもらう方法です。
 今回はカードで商品券を購入するメリットと実際に購入できるおすすめの商品券を紹介していきたいと思います。

 カードで商品券を購入して、金券ショップなどを通して換金することで得られるメリットは3つあります。
 まず、手間がかからないことです。この方法だと消費者金融などの借り入れなどとは違い、時間のかかる審査や手続きが必要ありません。
 次にどこでもできることです。近所のデパートで商品券を購入して、すぐ金券ショップへ換金することなど即金性が高いので今すぐ現金が欲しいという人にはうってつけです。また他にもネットで事前に商品券を購入して、出かけた際に現金に還元するのも一つの手です。
 最後にカード所持者なら誰でもできることです。前述した通り余分な審査などがないため、消費者金融で借りたことがない方でも簡単に現金を手にすることができます。

Amazon商品券のすすめ

百貨店向けの商品券や図書券など数多くの商品券があるなかで特にamazonの商品券をお勧めです。いくつかメリットがあるので順に説明していきます。

商品券購入の便利さ

 amazon商品券はコンビニの店頭とネットの二つの購入方法があります。一般的な商品券が店頭購入のみが多い中で、ネットで金券を買えるのは忙しい人には嬉しいですね。また、購入額も15円から50万円まで幅広く選べるので必要な分だけ賢く購入することができます。

還元場所の豊富さ

 amazon商品券を換金できるのは店頭だけでなく、ネットオークションを利用できます。店頭だと手数料分だけ受け取る金額が低くなってしまいますが、ネットオークションの場合だと仲介する業者がいないのでより高い値段で取引することができます。また、数は少ないですがギフト券番号買取サイトというのも高値で買取をしてくれるそうです。

応用編

 一般の商品券なら特定の品物しか購入できないため使用用途が限られてしまいます。しかし、amazon商品券ならほぼ全ての商品に対応しているので“現金を得るために購入したけどやっぱり欲しいものを買うのに使おう”や“今流行りのゲームを買って、それを買い取ってもらおう”など様々にアレンジができるのでリスクも低く抑えられます。
 

注意点

  商品券で現金化をする際に気をつけなければならないことが二つあります。
 一つは悪徳な換金業者に気をつけること。特にネットで換金する場合は本当にこの業者でいいのか事前に調べる必要があります。
 二つ目はAmazon商品券には使用期限があることです。使用期限は1-3年で期日が近くなればなるほど、その価値は下がっていきます。そのため、購入してから時間が経つようであれば自身で使ったほうがいいかもしれません。

まとめ

 クレジットカードで商品券を購入して現金を得ることは手軽ではあるが必ずしも安全ではないこと。
 商品券はその用途の多様さからamazon券が最もリスクが低く抑えられること。

以上の点を気をつけて現金化をするときは慎重に行いましょう。

クレジットカード現金化のミカタ!利用限度額を増やそう!

クレジットカード現金化と切っても切れない関係にあるのが、ショッピング枠の利用限度額です。
手にいれる現金を大きく増やすには2つの方法があります。

複数のクレジットカードを持つ
クレジットカードの利用限度額を増やす

換金率を高くするというのも有効ですが、せいぜい数%の違いしかありません。
今回は、クレジットカードの利用限度額を増やす方法について解説していきます。

クレジットカードの限度額とは?

クレジットカードには利用限度額というものがあります。
例えば、50万円というのが限度額だった場合。
このカードを持っている人は最大で50万円分の買い物をすることができます。

この人が20万円の買い物をした場合を考えてみましょう。
50万円 — 20万円で30万円。残りの限度額は30万円となります。
引き落とし日に20万円を支払うことができれば、再びクレジットカードの限度額は50万円に戻ります。

どうして限度額なんてあるの?

どうして限度額なんていうものがあるのでしょうか?
それは2つの理由があります。限度額がないと、無制限に買い物ができてしまい、クレジットカード会社が潰れてしまうからです。
極端な例ですが、何兆円というクレジットカード会社の持っている資金よりも大きい金額の買い物をされてしまった場合、カード会社は潰れてしまいます。
クレジットカードとは、簡単に言うとクレジットカード会社が「立て替えて」くれているのです。
また、限度額がないとカード破産する人が増えてしまうという理由もあります。
自分が稼げる金額以上にお金を使ってしまうと、莫大な借金を背負ってしまうことになります。
以上の2つの理由から限度額は存在しているのです。

限度額を増やそう!

では、実際にクレジットカードの限度額を上げる方法です。
それには3つの方法があります。

コツコツと支払いを重ねて増枠される
増枠申請をする
カードをアップグレードする

クレジットカードは、使えば翌月末に支払いが発生します。
この支払いを遅滞なく行っていると、クレジットカード会社から優良な顧客と判断され、ショッピング枠は徐々に大きくなっていきます。
これが①の方法です。しかし、これには時間がかかりますし、地道な支払いが必要です。

増枠申請とは、自らがクレジットカード会社に利用限度額の増額を申請することです。こちらには、審査があり、あまり支払いの状況が良くない人は実現が難しそうです。

③の方法ですが、一般的にクレジットカードにはランクがあります。カード会社は顧客の収入に応じて、カードを豊富に揃えています。
この方法では、最初に作ったカードよりも上のグレードのカードを申し込むことにより、1ランク上のカードを手に入れ、限度額を上振れされることができます。

まとめ

今回はクレジットカードの限度額を増やす方法について解説しましたが、いずれも支払いを滞りなくしていて、ステータスに欠陥がないことがまず必要です。
いざというときのためにも、クレジットカードの支払いは余裕を持って行っておきましょう。
6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s

クレジットカード現金化で高換金率の商品は?

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

クレジットカード現金化はショッピング枠で買い物をして、その商品を転売することで現金を入手します。

購入価格で転売できるわけではありませんから、換金率の高い商品に見極めが重要になってきます。

しかし、以前は個人でやっていたクレジットカード現金化も、今ではを業者に依頼する方法をとるのが一般的です。

業者では買取式とキャッシュバック式、2通りの現金化方法があるのですが、買取式の業者を選ぶ際は自分でやるのと同様に、購入する商品に何を選ぶのかが重要なポイントになってきます。

そこで今回は換金率の高い商品にはどんなものがあるのかを紹介ながら、その注意点を説明しましょう。

1.換金率の高い商品はコレ!

一般的に言われている換金率の高い商品は下記のとおりです。

・新幹線の回数券

・商品券とギフト券

・ゲーム機とそのソフト

・ブランド品

これら4つの商品は需要が多いため、高い換金率が期待できます。

しかし、どれを選ぶのかによって換金率は違ってきますし、カード会社の監視の厳しさも違ってきます。

それでは、これら商品の特徴を説明しながら、現金化時の注意点について説明していきましょう。

2.換金率の高い商品の特徴と注意点

新幹線の回数券

これらの中では新幹線の回数券が最も換金率が商品です。

買取店によっては95%以上の換金率となっているので、換金率では現金化に最も適した商品と言えます。

しかし、換金性が高いことからカード会社の監視も厳しいので目のつけられやすい、

・まとめ買い

・短期間での継続購入

・住んでる地域から離れた区間の回数券購入

は避けた方がいいでしょう。

中には新幹線の回数券をカード決済しただけで利用停止にされてしまったという話もあるくらいですから、現金化する際は十分注意が必要です。

商品券やギフト券

また次に換金率が高いのが商品券やギフト券などの金券です。

換金率は低くても90%ですから、現金化に適した商品の一つと言えるでしょう。

しかし、金券はカード決済できないことが多く、新幹線の回数券同様にカード会社の監視が厳しいので、現金化するにはあまりおススメできない商品でもあります。

ゲーム機とそのソフト

次のゲーム機とそのソフトですが、ものによっては定価以上で買取してもらえることもありますが、相場としては80%くらいの換金率です。

しかし、購入する商品を誤ると60%を切ることもあるので、人気が高い売れ筋の商品購入が必須となってきます。

現金化業者の換金率相場が80%と言われているので、商品を自分で買う手間をかけるより、端からキャッシュバック式や購入商品を指定する買取式の現金化業者を利用した方がおススメかもしれません。

ブランド品

金策に困った時に持っているブランド品を質屋に持っていくことが多いように、我々がまず高い換金率になると考えるのがブランド品でしょう。

確かにブランド品は換金率の高い商品の一つですが、

・ブランドによって換金率が違う

・選ぶ商品によって換金率が違う

・流行り廃りがあるため、値崩れしやすい

という難点があります。

商品選択にはかなりのサーチとブランドに対する高い知識が必要になってくるでしょう。

ブランド品は高額なものが多いのでカード会社から目を付けられにくいのですが、苦労して商品選択しても換金率が80%を超えることはほとんどありません。

そうなると80%以上の換金率の現金化業者を端から利用した方が断然おススメと言えるでしょう。
 

クレジットカード現金化で好条件店舗を選ぶコツ

3dcda2e40ab22fe60d8bef431a16d1e0_s

現在国内のクレジットカード現金化店舗の数は数百を超え、各店舗間で熾烈な市場競争が起こっています。

そして、その市場競争に勝つために各店舗では顧客の拡大維持を図る手段として、様々な独自サービスを展開しています。

よってクレジットカード現金化と一口に言っても、利用する店舗によって満足度も違ってくるのです。

そこで今回はできるだけ好条件の店舗を利用できるように、そのポイントを説明していきましょう。

1.どんな特典サービスがあるのかを知ろう!

クレジットカード現金化を利用する方の一番気になるところは換金率でしょう。

しかし、好条件店舗を選ぶ際は換金率だけでなく、どんな独自サービスがあるのかの確認を忘れてはなりません。

各店舗が展開している独自サービスには下記のようなものがあります。

・利用者によって違う換金率が用意されている(個人・事業主・女性)

・365日24時間の申し込み対応

・365日24時間振り込み可能

・各手数料が無料を謳っている

・換金率アップのキャンペーンを定期的に行っている

・一律型換金率

クレジットカード現金化の利用額はそれぞれですが、一般的に換金率は利用額が大きいほど高くなります。

よって90%以上の換金率を掲げているところでも利用額が数万円の場合、70~80%くらいになることも少なくありません。

また利用する方も個人、事業主、女性と様々です。

利用者に応じてお得な換金率が用意されているのも重要なポイントでしょう。

そして現金が必要になるのは平日の日中とは限りません。

土日や祝日、深夜にどうしても必要になることもあります。

掲げている換金率がいいだけでは好条件の店舗とは言えません。

これら様々な事情や要求に対応できるだけのサービスがあって初めて好条件の店舗と言えるのです。

店舗を選ぶ際は換金率だけにとらわれず、自分の利用額や要求にチャンと対応できるサービスがあるかないかを確認するようにしましょう。

2.店舗問い合わせを必ずしよう

今のクレジットカード現金化申し込みはネット上で完結してしまうものが大半です。

よって、ホームページに記載されている条件を鵜呑みにして、何の確認も取らずネット申し込みする方も少なくありません。

しかし、この申し込み方は絶対におススメできないのです。

数百以上の店舗の中には劣悪店も紛れ込んでいます。

現金が振り込まれなかったり、利用後に多額の手数料を請求して振込額を減らされたり、様々な被害にあった利用者は後を絶ちません。

よって、実際にどんな店舗なのかチャンと確認が必要になってくるのです。

実際に訪問するのが一番ですが、無理な場合は最低でも電話問い合わせをするようにしましょう。

電話対応だけでもその店舗がチャンとしているところかは判断できます。

振込される額が幾らになるのかを問い合わせして、相手の対応を見てみるのです。

優良店なら即座に明確返答が返ってきますが、悪劣店ならあいまいな返答をしたり、利用後まで分からないと返答を渋るでしょう。

また担当の話し方だけでも店舗の質は見えてきます。

一見好条件店舗を装った悪劣店も少なくありません。

条件やサービスだけで判断して好条件な店舗だと判断してはダメなのです。

好条件かつ優良な店舗を選ぶためにも、実際の店舗確認を忘れないようにしてください。

プリペイドカードを現金化する方法

amazon6

プリペイドカードと言われても聞いたことはあるけど、どんなものなのか分からないという方もいることでしょう。

プリペイドカードとは料金を前払いした代わりに受け取ったカードで商品の購入やサービスの利用に使用する有価証券の一種です。

誰もがわかる代表的なものがテレフォンカードです。

携帯を持つことが普通になった今ではほとんど使うことがなくなりましたが、他のプリペイドカードには下記のようなものがあります。

・図書カード

・モバイラーズチェック

・クオカード

・iTunesカード

・Amazonギフト券

現金がなくても商品購入やサービス利用ができるので、利便性が高いサービスと言えるでしょう。

しかも5千円で購入して5千5百円分のポイントが付くなど、特典サービスが付くものも多いため、利用目的がある方にとってはお得な買い物とも言えます。

しかし、利用目的が特定されているプリペイドカードも多いので、利用するあてがないプリペイドカードを持て余している方も多いのも実情です。

そんな時に利用してもらいたいのがプリペイドカードの現金化。

利用しないまま利用期限を迎えて何の価値もなくなるのを待つよりも、少しでも
お金に変えた方が絶対にお得ですよね。

そこで今回はプリペイドカードの現金化について説明していきましょう。

1.プリペイドカードは金券ショップで売却可能

金券ショップではプリペイドカードが販売されているので、持っていけば買い取ってもらえます。

そこで金券ショップで買い取ってもらう際、確認してもらいたいのが買取価格です。

金券ショップで販売されている金券はすべて定価よりも安い金額で販売されています。

そこに金券ショップの利益が発生するので、買取金額は店頭価格よりも安くなってしまいます。

少しでも高く現金化するためにも、金券ショップの買取率や買取レートをシッカリと確認して、できるだけいい条件の金券ショップに売却するようにしましょう。

2.知人やオークションの利用もおススメ

金券と呼ばれるものは換金率のいい商品の一つなのですが、実はプリペイドカードは金券ショップではあまり買取率のいい金券ではないのです。

通常、金券ショップでの金券の買取率は90%以上のものが多いのですが、プリペイドカードの場合は良くて90%、悪ければ60%くらいのものもあり、中には買い取ってもらえないケースもあります。

そんな場合は金券ショップに買い取ってもらうよりも、そのプリペイドカードを必要としている知人に売ったり、ネットオークションに出品して買い手を募った方が高い買取率で現金化できるでしょう。

金券ショップの買取率が悪いのは、持っていったプリペイドカードの需要が少ないからです。

買い取ってもいつ売れるかわからないから、リスクを考えて買取率を低くしたり、買い取りを拒んだりします。

しかし、欲しがっている人にとっては価値のあるものですから、金券ショップよりも高く現金化できる可能性が高くなるのです。

必ずしもというわけではありませんが、金券ショップで思ったような買い取りをしてもらえない場合、やってみるだけの価値はあるでしょう。

ブランド品は現金化にオススメ商品なの?

9480c730de84ec46802a67c291a7359e_s

ブランド品は現金化する商品の中でも高額買取が期待できるため、高い換金率で現金を手にできるおススメ商品の一つと言えるでしょう。

ドラマや映画の中でキャバクラ嬢が複数のお客に同じブランド品のバックをいくつもねだり、質屋に持っていって現金化するシーンはよく出てきますよね。

これは何もドラマや映画の中だけの話ではなく、実際に行われている本当の話です。

ブランド品は買い取ってくれる専門店が多い上、新品ならば高い買取額が期待できるので転売に向いている商品なのです。

ということは現金化するならブランド品がおススメとなってくるのですが、ブランド品なら何でもいいというわけではありません。

ブランド品を選ぶ際には換金率が高い条件を揃えた商品購入が必須となってきます。

1.換金性の高いブランド品は?

換金性が高いのは人気の高いブランドに限られます。

ブランド品だからといって、どれでも高い換金率となるわけではありません。

個人的な好みよりも、市場でどれだけ人気があるかが重要なポイントになります。

一般的に換金率が高いと言わる代表的なブランドは下記のとおりです。

・シャネル

・ブルガリ

・ルイヴィトン

・エルメス

しかも、人気の高いこれらブランドでも、どの商品を選ぶかで換金率は大きく違ってくるのです。

高い換金率を実現するには、ブランドとともに需要の高い商品を購入することも条件になってきます。

ブランド品に人気は流行り廃りが激しい上、型やデザインを追ったものは新作が出ると一気に人気がなくなります。

よって流行にとらわれず、時が経っても需要が変わらない商品を選ぶ必要があるのです。

その需要の高い商品としてあげられるのはバックと時計です。

時計ならばロレックスがいい例でしょう。

モデルや発売時期にかかわらず、古いものにまで高い価値がついているので換金にはおススメになってきます。

しかし、商品人気の相場を知識のない一般人が知るのは簡単なことではありません。

ブランド品を現金化する際はブランド人気と商品人気、買取価格の下調べはシッカリとするようにしましょう。

2.ブランド品の換金率は下降気味…

ブランド品のバックや時計は決して簡単に購入できる商品ではありません。

人気の高いものなら安くても数十万円、高いと何百万円もする高額商品だからです。

しかし、それが災いして最近は中古市場に変化が起きています。

近年の不況もあってか、質屋やリサイクルショップに高額買取りしてもらえるブランド品のバックや時計が多く持ち込まれるようになり、同じ商品がダブつくようになりました。

これが原因で換金率が下がっているのです。

商品によっては50%を切る換金率のものもあり、中には買取を拒否されることもあります。

驚くことに新作のシャネルやヴィトンですら同じような換金率だそうです。

となれば、現金化を狙ってブランド品を購入するよりも、手間がかからず80%の換金率が期待できる現金化業者を利用した方がメリットは高いかもしれませんね。

クレジットカード現金化で利用停止にならないためには

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

クレジットカード現金化はとても利便性の高い現金調達サービスですが、どうしても利用に腰が引けてしまうのがカードの利用停止です。

カード会社はクレジットカード現金化を認めておらず、利用規約違反となるので、バレてしまうとカードが利用停止になってしまいます。

最近は公共料金の支払いもクレジットカードでしている方が多いので、突然、利用停止にでもなれば面倒なことになります。

また最初の利用停止はカード会社からの警告とも言える処置なので、すぐに利用再開できますが、その後の利用がバレれば利用停止どころではなく、強制退会となり利用額の一括返済が求められます。

そうなれば他のカード会社でもクレジットカードは作れず、この時代にクレジットカードのない生活を強いられることにもなるのです。

そんな事態は絶対に避けなければなりませんよね。

そこで今回は利用停止にならないための注意点について詳しく説明していきましょう。

1.普段と違ったカード利用はしない!

何故カード会社にクレジットカード現金化がバレるのでしょう?

それはカード会社は利用者の購入履歴をすべて管理し、その動向を常に監視しているからです。

利用者が普段とは違うカード利用をすれば要注意と判断され、さらに厳しい監視対象とされます。

換金性や換金率の高い商品の継続購入や、利用したこともないような高額商品の購入がそれにあたります。

ほとんどショッピング枠を使わなかった方が突然、こんな行動をとれば怪しいよ疑われても仕方ありませんよね。

クレジットカード現金化利用者のカード利用パターンは特定しやすいので、簡単に利用していることがバレてしまいます。

特にキャッシング枠がいっぱいになっている方はショッピング枠の利用がなくても、すでに監視対象となっています。

キャッシング枠がいっぱいな方にクレジットカード現金化利用者が多いからです。

クレジットカード現金化がバレないためには、普段と違ったカード利用をしないことが一番の対処法です。

クレジットカード現金化利用者のカード利用パターンはバレていると考えて、利用時には下記の2点を必ず守るようにしましょう。

・連続しての利用は避ける

・普段からカード決済の実績を作っておく

2.必ず現金化業者を利用する!

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

クレジットカード現金化は何も業者を利用しなければならないわけではありません。

カード決済した商品を転売すればいいのですから、業者に頼る必要はないのです。

中には業者に支払う手数料がもったいなくて、自分でやった方が特だと考えている人もいるでしょう。

しかし、クレジットカード現金化は業者を利用した方が利用停止になる危険が少ないのです。

クレジットカード現金化業者もカード会社にバレて顧客を失うことは避けなくてはなりません。

よって、そうならないための対策を取って営業しています。

90%以上の換金率を掲げるところは多いのですが、実際は70~80%の換金率が相場だと言われています。

20~30%も業者に取られてしまうのは辛いところですが、利用停止とならない安心感がその代金に含まれていると思って、自分でやるのは避けるようにしましょう。

クレジットカード現金化利用者への注意点

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

クレジットカード現金化はクレジットカードさえ持っていれば簡単に現金入手できるので、現金調達法としてはとても利便性の高いサービスと言えます。

しかし、クレジットカード現金化にはこの高い利便性とは裏腹にリスクも高いので、利用時には注意が必要です。

すぐに現金が手に入るからといって、換金率だけを見て飛びつくのは絶対におススメできません。

そこで今回はクレジットカード現金化利用時に注意しておいて欲しいポイントを説明していきましょう。

1.高い換金率には要注意!

「換金率98%!」といったように高い換金率を謳っている業者は多いのですが、その換金率で現金が振り込まれることは皆無なのが実情です。

クレジットカード現金化利用者は急な現金調達が必要な方が多いため、換金率を見て業者を選ぶことが多いのですが、この高い換金率は集客目的の誇大広告に過ぎません。

すべての業者がそうだとは言い切れませんが、クレジットカード現金化業者を利用した際の換金率は80%前後が相場と言われています。

利用後に手数料と称して20~30%くらいの額が差し引かれてしまい、手にできるたのは70%を切っていたという話もは珍しくありません。

利用する際には、ホームページ上に記載されている換金率を鵜呑みにせず、必ず実際に振込額が幾らになるのかを問い合わせするようにしましょう。

優良店なら利用額に対するマニュアルが徹底しているので、即座に明確な回答が返っています。

曖昧な回答をするところや、利用後でないとわからないと回答するところは誇大広告の可能性が大です。

これは優良店を見極める有効な方法でもあるので、利用者はシッカリと理解しておいてくださいね。

2.カードが利用停止になる可能性も…

クレジットカード現金化の利用者によく理解しておいて欲しいのは、クレジットカード現金化はカード会社と交わした利用規約に違反しているということです。

よって、クレジットカード現金化利用がバレてしまうと、カード会社から下記のようなペナルティが課せられます。

・カードの利用停止

・強制退会

・利用残高の一括返済

ホームページ上に書かれているいいことばかりに目を向け、利用規約に違反すると知らずに利用する方は少なくありません。

突然カードが利用停止になって、驚く利用者は実に多いのです。

クレジットカード現金化利用者にはそれと分かる購入パターンがあり、カード会社は利用者の購入状況をシステムを使って監視しています。

そのシステムでクレジットカード現金化と判断できる購入パターンが続けば、クレジットカード現金化を利用しているとしてカードの利用停止に踏み切ります。

必ずカード会社にバレるわけではありませんが、利用者はその可能性があることをよく理解しておきましょう。

現在はカード会社にバレにくいキャッシュバック式の現金化を行う業者が多くなってきました。

その上、業者は毎月何千件もの決済を行う決済代行会社にカード決済を依頼しているので、カード会社の監視に引っかかりにくいのも事実です。

よって、以前のように簡単に監視に引っかかることはありませんが、その可能性だけはゼロではありません。

利用者はこの点をよく考慮した上で、安全な現金化ができる優良店を利用するようにしましょう。

クレジットカード現金化の優良店の見分け方

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠で商品購入し、それを業者に買い取ってもらい現金を入手するサービスです。

キャッシングや銀行借入のように審査はなく、短時間で確実に現金が入手できるので、至急現金が必要になった方には利便性の高いサービスと言えるでしょう。

しかし、これも確実に現金が手にできた場合に言えることで、悪徳業者にあたってしまい、現金が手にできないばかりか、大変なトラブルに巻き込まれることも少なくありません。

クレジットカード現金化で成功するには優良店の見極めが絶対条件です。

残念ですがクレジットカード現金化業者は、すべてが安心して利用できる優良店ばかりではありません。

悪徳業者が運営する悪徳店も多く存在しています。

誰もがその悪徳店を利用する可能性もあるのです。

そこで今回は優良店を見分けるのに必要なポイントについて詳しく説明していきましょう。

1.悪徳店の特徴を知ろう!

悪徳店に共通する特徴は下記のとおりです。

・100%に近い換金率を掲げている

・パソコンサイトを持たず、スマホや携帯電話のみのサイト

・金利ゼロを謳っている

・振込を分割にする

・カード番号を聞いてくる

・カード表裏と運転免許書のコピーを求めてくる

そしてこの中でも最も注意して欲しいのが100パーセントに近い換金率を掲げているところです。

クレジットカード現金化で振込まれる現金は、業者の利益とそれにかかる諸経費が引かれたものです。

そこで注目してもらいたいのが諸経費です。

カード会社はクレジットカード現金化を認めておらず、クレジットカード現金化業者はカード会社に加盟することができないため、決済代行会社にカード決済を依頼しています。

実はこの手数料がかなり割高なのです。

決済代行会社がバレると強制退会となる危険を負ってまでカード決済を引き受けるのもこの高い手数料目当てです。

考えても見てください。

この高い手数料と業者の利益を考慮すれば100%近い換金率なんて実現できるはずはありませんよね。

事実、後で手数料と称して請求し、実際の換金率は60~70%だったというケースも少なくないのです。

クレジットカード現金化はどうしても換金率にばかり目が行きがちですが、異常に高い換金率を掲げているところには注意して、実際にいくら振込まれるのかを事前に確認する必要があります。

ここで明確な回答がない場合は悪徳店の可能性は大です。

利用は控えるようにしましょう。

2.店舗があるところは優良店の可能性が大!

現在のクレジットカード現金化業者との取引はオンライン上で完結する手段を利用する方が多く、そのためか無店舗経営のところが多いのが実情です。

実は無店舗の業者に多くの悪徳店が紛れ込んでいます。

悪特典にはホームページ上に会社概要の記載がないところが多く見受けられます。

これは悪徳商売で稼ぐだけ稼いだら逃げてしまおうという態度の表れです。

店舗もなく、代表者氏名や住所など普通なら当たり前に記載されている情報が全くないのですから、怪しいとしか言いようがありません。

そこでおススメしたいのが実際に店舗を構えて営業しているところです。

店舗があれば実際に会社を確認することができますし、担当者にも対面できるので自分の目でどのような会社か判断することもできます。

またどれくらいその店舗で営業しているのかも重要なポイントです。

長ければ長いほどクレームもなく、安心して利用できる優良店である証でもあります。

地方では店舗を構える業者は少ないかもしれませんが、実際に店舗がある際は必ず足を運ぶようにしましょう。

クレジットカード現金化の問題点をシッカリと理解しよう!

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用して商品購入し、その商品を転売することで現金を入手する方法です。

以前は個人でやっていた方が大多数でしたが、十年ほど前からクレジットカード現金化を専門に扱う業者が多数でき、今では個人よりも業者を利用して現金化する方が大半を占めています。

仕組みは業者が指定する商品を購入後、キャッシュバックという名目で現金が利用者の手に入る流れになっています。

転売先や換金率の高い商品を自分で探す必要もなく、90%を超える換金率を掲げる業者も多いため、利便性の高いサービスが受けられるというわけです。

しかし、このクレジットカード現金化は事前にチャンと知っておかなければならない問題点があり、それを知らずに利用した方の中には被害に遭ったケースも少なくありません。

今回は被害辛味を守るためにも、その問題点をシッカリと説明していきましょう。

1.カード会社の利用規約に違反する行為!

現金を入手するには一見、利便性の高いサービスのように思えるクレジットカード現金化ですが、実はカード会社の利用規約に違反する行為です。

カード会社との契約時に契約書にすべて目を通す方は少ないでしょうが、契約書の中にはカード会社が掲げた利用規約が記載されています。

利用規約はカード利用について様々なルールを示したもので、その中には禁止事項について厳密に記載されているのです。

そして、その禁止事項の中に、換金目的でのショッピング枠利用を禁止する文言が記載されています。

利用した際の処遇についても明確に記載されており、

・カードの利用停止

・強制退会

・利用額の一括返済

となってしまいます。

しかし、カード会社もクレジットカード現金化の利用を断定しにくいのも事実で、利用状況を監視して怪しいと判断するとまずはカードの利用停止を行います。

最初の利用停止はいわば利用者に対する警告のようなもので、すぐに解除されますが、利用状況にその後も変化がない場合は強制退会となるので注意が必要です。

そうなれば最悪、利用額の一括返済が求められることもあるので、クレジットカード現金化の利用にはくれぐれも注意するようにしましょう。

2.犯罪やトラブルに巻き込まれることも!

残念なことにクレジットカード現金化業者には多くの悪徳業者が紛れ込んでいます。

よって、犯罪やトラブルに巻き込まれることも少なくありません。

クレジットカード現金化は社会的にグレーゾーンにあるサービスと捉えられているため、信頼できる有名な企業や金融業者の参入がなく、信頼性の高い業者を見分けにくいのが実情です。

悪徳業者にあたると契約時に聞いた金額が振り込まれないばかりか、全く現金が振り込まれないケースもあります。

その上、業者に教えたクレジットカード情報が悪用され、知らない間にカードが利用されていたなどの二次被害に遭うことも少なくありません。

クレジットカード現金化は利便性の高いサービスではありますが、こういった側面もあることはシッカリ理解しておきましょう。