少額利用なら1万から利用できる現金化

4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s

年末年始の飲み会や旅行など、人生のイベントでお金を使いすぎてしまうことがあります。それは普段お金を使わない人であっても、こういった行事の時は多額のお金を消費してしまいます。

少しだけお金が欲しいという時は

 いざという時や、今月厳しくなりそうだという時に1万円など少額でも手元にあれば、精神的に安心できるものです。しかし、安心感のために、友達に借りるのも気がひけるし、ましてや高い利子や手数料を支払ってまで、消費者金融・キャッシングを利用したくはないと思うことでしょう。加えて、資格取得の予備校に通うために30万円ほど必要というような正当な理由があれば良いですが、1万円だけ借りるとなるとまるで生活に困っているみたいでなんだか嫌ですよね。
 そんな時はクレジットカードの現金化がオススメです。これはカードに付随しているショッピング枠を利用した現金を即座に得る方法です。方法としては、個人と業者の2通りありますが、換金率を取るならば個人・スピードと低リスクを取るならば、業者と目的によって異なってきますので、自身がどちらにあるのかしっかりと見極めましょう。

現金化するのにはどのような条件が必須?

 現金化をする上で、クレジットカードを所持していることは前提条件となります。その上で、ショッピング枠に現金化に必要な額分の余裕があることが求められます。この枠に余裕がない人は、限度額の一時増額や増額サービスをカード会社に申し込みことによって、現金化に必要な枠を獲得するようにしましょう。
 しかし、そうした増額の申し込みには一週間程度の審査期間があるので、申し込んだからといって、すぐに利用枠が増えるというわけではないので気をつけましょう。もし、現金化をすぐにしたいのであれば、利用枠に余裕がある別のクレジットカードを使用するか、即日発行可能なカードに申し込みをするなどの対処法で乗り切るようにしましょう。
 また、業者利用の場合は、本人証明書と振込口座番号が必要となりますので、利用する際は事前に準備しておきましょう。

1万円を現金化するならどちらがお得?

 利用する上で、一番の気になるポイントは、やはりどれだけ換金率が高いかという点に尽きるでしょう。 現金化では100%の換金率となることは滅多にありませんが、できるだけ高い方が良いことは明白です。それでは個人と業者で換金率を比較していきましょう。

 個人の現金化だと、購入した商品・換金するときの流行によって換金率が左右されるといっても過言ではありません。安定して換金率が高いものとしては、新幹線回数券や金券ですが、それでも区間や種類によって、換金率のばらつきがあります。一方で、換金率の変化が激しいものとしては、ブランド品やゲームなどが挙げられます。発売直後に売れば、現金を多く手にすることができても、数ヶ月立った後では、換金率が大幅に下がってしまうということがあります。しかし、中には数量限定のプレミア品や絶版となって商品もあるので、そうした商品は購入額の数倍で取引されることが多く、換金率も非常に高いものとなります。

 一方で業者の場合だと、少額利用での現金化というのは、あまり換金率は高くはありません。それでも、現金化業者のメリットを挙げるとすれば、個人での現金化の手間である商品を購入・換金という過程がなくなるということです。個人の場合ですと、現金化をする時間帯によっては、即日は不可能になってしますが、業者だと最短で5分ほどで完了することがあります。また、少額利用をして、実績を作っておくことで、次回業者を利用する際に、優遇されることがあります。そういった意味では、多少換金率が低くても、現金化業者の方が利用価値は高いのではないかと思います。

まとめ

・出費が激しいシーズンは現金化で乗り切りましょう
・現金化は少額での利用も可能です。
・ショッピング枠に余裕がない時は、一時増額の利用をしましょう。
・個人と業者での現金化を比べてみたら、業者の方が将来的にメリットが大きいです。

以上が1万円からの少額利用なら現金化がおすすめの理由でした。少額での現金化業者利用というのは、騙された時のリスク回避にも役立つので、お財布に余裕があるうちに色々と試してみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*