クレジットカード現金化を考えたときのメリット

fffcdbc7875388180a1d4a63f7b12fd4_s

消費者金融や銀行での融資を考えている人はちょっと待ってください。融資は誰でも受けることができる訳でありません。新規利用者の半数が落ちる審査に通過しなければならないのです。もし融資を期待して、審査に落ちてしまたら、せっかくの時間が無駄になってしまうばかりか、お金により困った状況に陥ってしまいます。

現金化とは

 まずは現金化について理解をしていきましょう。現金化にはクレジットカードを利用し、現金化の条件としてカードのショッピング枠に余裕があることが重要となります。また、現金に可能な額は、ショッピング枠の残額に依存し、支払いも通常のカード返済と変わりません。
 方法としては、個人と業者の二種類に分かれています。個人だと得られる現金は多いですが、カード停止などのリスクが高くなるため、高額・多頻度の利用には向きません。一方で、現金化業者を利用すると、還元率は少し低くなってしまうものの、リスクというのをほぼゼロにして現金化することができます。 

現金化のメリットとは

 現金化について簡単に理解してもらったところで、現金化のメリットについて見ていきましょう。

 まず、現金化は誰でも利用可能であるという点です。消費者金融や銀行の場合だと、融資を申し込むのには条件を満たさなければならず、また申し込み後の審査に通る必要があります。また、やっと審査に通ったとしても、希望通りの金額を受け取れるとは限りません。一方で、現金化の場合だと、クレジットカードを所持して入れば、主婦・フリーター・学生などの収入が不安定な層であっても現金を得ることができます。
 次に、現金化はどの方法よりもスピードが早いという点です。融資となると審査に時間がかかるため、必要な時にすぐに現金を手にするということはできません。しかし、現金化業者ならば、申し込みから契約までの手続きも早くかつ入金が即時でされるため、緊急でお金が欲しい人にはうってつけといって良いでしょう。
 最後に柔軟な返済方法があるという点です。カードローンやキャッシングだと、一括かリボ払いという選択肢しかありません。一括で返済できれば、手数料はそれほどかかりませんが、リボ払いとなると長期的になればなるほど、かかるコストが増えていきます。それに対して、現金化だとショッピング枠の返済方法と変わらないので、一括・分割・リボの3つから選ぶことができます。加えて、それぞれの支払い方法を途中で変更することが可能なので、自身の財政状況に合わせた無理のない返済計画を立てることができます。

利用のしすぎに注意

 現金化は利用が簡単すぎる故に、お金を使っている感覚があまりしません。そのため、現金化を利用するときは、どのような目的で利用するのかやその金額は本当に必要な分であるのかなど、しっかりお金の使いかたをイメージしていく必要があります。事前にこのように利用計画を立てていくことで、返済も無理なくすることができるのです。

まとめ

・消費者金融での融資は簡単に受けられるものではありません。
・現金化はクレジットカードがあれば誰でも利用することができます。
・現金化する際には、事前に利用と返済の計画を立てることが重要です。

以上がクレジットカード現金化のメリットについてでした。現金化は利用と返済のバランスを考えることで、無駄な出費を省くことになりますので、覚えておきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*