アマゾンギフト券現金化業者を知ろう!

o0600040012816036141-1

Amazonはネットで買い物をする上でとても便利なサイトです。欲しい商品の条件を検索すれば、いくつか候補が出てきますし、同じ商品でも最安値のものを見つけることができます。支払いもクレジットカードやアマゾンギフト券を使えば、決済は簡単です。今回はアマゾンギフト券を利用して、現金を手に入れる方法とリスクについて見ていきましょう。

アマゾンギフト券は使い勝手が良い

 金券と一言で言っても様々なタイプのものがありまが、アマゾンギフト券はその中でも一番汎用性が高いと言っても過言ではありません。Amazonなら取扱商品は1億を超えているので、欲しい商品はほぼ手に入りますし、アマゾンプライム会員であれば、次の日には手元に商品が届きます。
 また友人や家族へのプレゼントにも活用することができます。“何を送って良いかわからない、現金だと味気がない“という方は、アマゾンギフト券を贈れば喜ばれることは間違いありません。
 そんな使い道が広いアマゾンギフト券ですが、別の使い道もあります。もしあなたが現金に困っているのであれば、アマゾンギフト券を活用して現金に換えましょう。ギフト券はクレジットカードを使えば、購入することができるので手持ちの現金が少なくて困っているという人にはとても便利なテクニックではないかと思います。ちなみにこの裏技のことをクレジットカードの現金化と呼ばれており、他にも様々な現金化方法が存在します。

アマゾンギフト現金化方法とリスク

 ではアマゾンギフト券を使った現金化はどのようにして行うことができるか簡単に見ていきましょう。

手順(個人)
1:現金化したい金額を決めて、アマゾンギフトを公式サイトで注文する。
2:クレジットカードで決済をする
3:アマゾンのサイトで換金性が高い商品を購入する
4:換金ショップで商品を換金する

手順(業者)
1:現金化したい金額を決めて、アマゾンギフトを公式サイトで注文する。
2:クレジットカードで決済をする
3:アマゾンギフト券買取業者で換金する

 個人の場合だと、一般的なショッピング枠の現金化と方法はほとんど変わりません。金券というのはこれまでカード購入できる種類が少なかったので、現金化には向きませんでした。しかし、アマゾンギフト券の登場によって、カードでの金券購入が可能になりました。そのため、現金化の方法に金券での現金化が新たに加わることとなったのです。
 一方で、業者の場合だと途中までは個人と方法は変わりませんが、換金する商品を購入して換金するという手間を省くことができます。還元率は業者を挟んでいるため、少し低くなりますが、スピーディで現金化できるのが利点となります。
 アマゾンギフト券での現金化は非常に便利で、有用性が高いように思えますが、実は大きな落とし穴があります。それは利用しすぎるとカード停止の可能性が高くなることです。クレジットカード会社は時たま、換金性の高い商品を購入している人を現金化目的と警戒しており、カード停止や確認電話をすることがあります。そのため、頻度の高い利用はリスクが高いのです。もしカードを停止されてしまたら、カード会社に何かしらの正当な理由を説明すればすぐに停止解除してくれます。

業者利用は楽だが気をつけて

 個人での現金化は踏まなければいけない手順が多いので、とても面倒です。そんなときには業者を利用するのがオススメですが、業者選びで還元率が大きく異なってきたり、最悪の場合はだまさせてしまう時があるので気をつけなければなりません。
 アマゾンギフト券買取業者とのやり取りはネットが中心になりますので、グギフト番号を業者に伝えて、現金化することになります。
 この時注意しておきたいのが、悪徳な業者と取引してしまうと何かにつけて還元率を下げてくるということです。
 その一例としては、細かい利用規約の中に低い還元率を書いているという手口です。利用者は現金が必要な状況に迫られていますから、利用規約というのを読んでいるようで、内容はあまり確認していないことが多いです。その利用者の心理を悪用して、還元率を下げる口実にしているのです。現金が利用者の口座に振り込まれた段階では取引はすでに完了していますから、騙されてしまうと泣き寝入り以外に方法はありません。
 

まとめ

・amazonギフト券は金券の中で一番利用価値が高く、現金化の際にも活用することができます。
・個人と業者の場合だと、業者の方がスピードが早く、リスクも低くなります。
・業者を利用するときは、利用規約などの細かい注意事項もしっかり確認しましょう。

以上がアマゾンギフト券現金化業者についてでした。ネットでの取引は手軽で便利ですが、一歩間違えると思わぬ事故に繋がることがありますので、現金化利用の際は気をつけましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*