あなたが知らない本当の換金率

2d4895ccc7d62723181cb07736f3ad27_s

現金化で一番きになるのがどれくらいの還元率で取引ができるかということです。還元率というのは1%の差でも、金額が大きくなればなるほどその差は大きくなります。しかし、現金化というのは意外とコストとリスクがかかるものです。そのため、還元率の上限には限界があるのです。

現金化でかかるコストはどれくらい?

 利用者として、現金化にどれくらいのコストがかかるかについて知っておくことはかなり重要なこととなります。なぜなら、還元率から業者が優良かどうかを判断することができるからです。
 まず、現金化というのは手間が結構かかっているということについて知っておきましょう。利用者側から見れば、短い時間で現金を手にすることができるので、簡単なように見えます。しかし、それは業者がスムーズに現金化できるだけの準備をしっかりしているからです。
 現金化には、クレジットカードの決済という手続きが必ず必要になりますが、この業務を担っているのが決済代行会社です。この会社は現金化業者ではなく、カード会社から決済業務の許可を受けた代理店です。ここからわかるように決済というのは、誰でもできるわけではありません。決済が無制限でできてしまっては、犯罪に利用されてしまう可能性が高くなるので、きちんと届出をして、許可をもらう必要があるのです。
 加えて、決済というのは無料ではなく、一回決済をすることに手数料というのをカード会社に支払わなければなりません。その決済手数料というのも、利用額に応じて決まっています。しかし、一円でも利用したら手数料が発生するため、金額によっては、業者側が損をするということもしばしばあります。
 そのため、現金化には決済代行会社の協力が必要不可欠なので、現金化業者は代行会社に対して、報酬金を含めた手数料分を支払う必要があります。
 さらに現金化業者がかかるコストとしては、人件費・事務所賃料などの必要経費があります。
 そのため、現金化にはある程度の必要コストがかかってしまうために、還元率というのは個人で行った時よりも低く出てしまうのです。もちろん、それだけの費用をかけていますから、カード会社にバレるということはほぼ無くなるので、利用者のメリットは大きいです。

カード現金化の換金相場とは

 現金化に一定のコストがかかるということをわかってもらったところで、クレジットカードカード現金化の換金相場というのを理解しておきましょう。相場を知っておくメリットは、既にお伝えしましたが、業者の良し悪しを判断するためです。換金相場を知っておけさえいれば、業者が相場からかけ離れた還元率を提示してきたら、すぐに疑うことができます。
 現金化を利用する人は、平均して15~20万円を現金にする人が多いようです。クレジットカードのショッピング枠は15万円前後に設定されていることが多く、そこから、利用者の収入によって段階的に上がっていきます。それゆえに、初期枠文を目安に、利用することがほとんどなのです。
 気になる還元率ですが、80%が相場のようです。業者によっては多少前後しますが、90%などの高還元率で現金化をやってくれるという業者はいません。キャンペーンを実施している業者であっても、せいぜい85%といったところでしょうか。
 申し込む際には、業者に現金化したい金額での還元率はどれくらいになるかを確認しておくことをお勧めします。

高還元率は誇大広告である

 現金化をしようと考えている利用者は、ほぼネットで業者を探します。そのため、現金化業者はネットに掲載している還元率を少し高めに設定していることがあります。しかし、あまりに高い還元率というのは通常の現金化だとかなり難しいです。もし、100万円などの大金で、現金化を行えば、高い還元率を期待することができますが、15万円程度では業者側が損をしてしまいます。このような高還元率を売りにしている業者は、誇大広告を行い、利用者を集めようと考えている悪徳なものの可能性が高いです。そのため、異常に高い還元率をネットで見つけた場合は、注意しなければなりません。
 

まとめ

・現金化には意外とコストと手間がかかります。
・現金化には決済代行会社の協力が必要不可欠ですが、カード会社にバレるリスクは低くなります
・高すぎる還元率は業者側にメリットはありませんので、注意しましょう。

以上があなたが知らない本当の還元率でした。還元率というのは相場を理解していなければ、かなり低い還元率で取引しようとしてくる業者もいるので注意しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*