融資を断られてしまった時に役立つ知識

4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s

“予定外の出費が重なってしまったために、お金の融資を申し込んだけど、審査に通らずに断れてしまった“人や”審査の結果を待つ時間はない“という人がいるかと思います。今回はそんな人向けに、役立つ知識というのをお伝えしたいと思います。

融資の審査に落ちてしまう理由

 お金が必要なのに、なかなか審査に通ることができないので、困っている人がいるかと思いますが、なぜ審査に落ちてしまうのでしょうか?

 融資を断られしまう理由としては、
  ・総量規制に近い額を借りている
  ・個人のクレジット信用が汚れている
  ・過去に何らかの支払い延滞経験がある
  ・現在、別の業者からも借りている
  ・職業柄、収入が安定しない

このような原因が考えられます。他にもキャッシング会社が独自に定められている基準を満たしていないと、融資を受けることができません。

信用情報は融資の審査に大きく影響する

 金融機関が申込者に融資するかどうかを判断する材料の一つとして、信用情報があります。これは、申込者のこれまでの支払いの履歴がどのようなものであったかを表すもので、この情報の中には携帯電話の支払い歴・クレジットカードやローンの延滞履歴など支払いに関するあらゆる履歴が詰まっています。
 また、消費者金融やローンへの申し込みも信用情報として、登録されており、それらのすべての情報は信用情報機関を通じて、関係会社に共有されています。そのため、初めて利用する会社のカード発行や融資を申し込んだのに、審査に落ちてしまうというのは、信用情報を共有していることから起こることなのです。
 加えて、審査に落ちてしまったという事実は、別の審査を受ける時に大きな悪影響をもたらす可能性があるので、むやみに申し込むのは控えた方が良いかと思います。ある程度信用情報が低くても、審査に通る会社であっても、連続審査落ちという情報のせいで、通らなくなってしまうということは十分に考えられます。

総量規制という法律のせいで借りれないのかも

 支払いの延滞もないし、審査に落ちたこともなかったのに、今回初めて審査に通らなかったという人は、法律による規制が原因かもしれません。金融機関は信用情報を元に、融資を決定しますが、中には優良利用者であっても、お金を貸すことができないということがあります。
 その原因となっているのが、総量規制というもので、これは昨年度の年収の3分の1までしか、お金を融資してはいけないという法律になります。そのため、今年の年収がいかに高くなろうと、去年の年収をベースに融資限度額が決まってしまっているので、金融機関は限度額以上の融資をすることができません。もし、規制に違反してしまったら、利用者側には罰則はありませんが、融資側の金融機関が厳しい罰受けなければならないため、どの機関も規制を破るようなことはしないでしょう。

合法的にお金を借りる方法とは

 そうはいっても、お金がなければどうしようもならないという状況においては、総量規制というのは邪魔な法律以外の何物でもありません。そんな時は総量規制の対象外であるクレジットカードの現金化があります。
 これは金融機関で行われているような融資ではないため、法律の縛りを受けることはなく、かつヤミ金のような法外な金利を要求されることもないので、とても使い勝手が良いのではないかと思います。
 方法としては、クレジットカードのショッピング枠の範囲で、現金にしたい額を選び、個人か業者で行うということが一般的です。どちらも、メリット・デメリットはありますが、リスクという側面で捉えた場合は現金化業者の方が安心ではあります。

まとめ

・融資に落ちるにはいくつか理由があるため、どのような理由で融資を受けられなくなってしまっているのか分析することが必要です。
・優良利用者であっても、法律の規制によって融資を断られてしまうこともあります。
・申し込みを複数することは、自身の信用情報を傷つけてしまうことがあるのでやめましょう。

以上が融資を断られてしまう理由となります。総量規制というのはとても厄介な法律ですが、利用者が破産してしまうことを防ぐために存在しているので、自分自身でうまく調整していくしかありません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*