0年 0月 の投稿一覧

クレジットカード現金化を考えたときのメリット

fffcdbc7875388180a1d4a63f7b12fd4_s

消費者金融や銀行での融資を考えている人はちょっと待ってください。融資は誰でも受けることができる訳でありません。新規利用者の半数が落ちる審査に通過しなければならないのです。もし融資を期待して、審査に落ちてしまたら、せっかくの時間が無駄になってしまうばかりか、お金により困った状況に陥ってしまいます。

現金化とは

 まずは現金化について理解をしていきましょう。現金化にはクレジットカードを利用し、現金化の条件としてカードのショッピング枠に余裕があることが重要となります。また、現金に可能な額は、ショッピング枠の残額に依存し、支払いも通常のカード返済と変わりません。
 方法としては、個人と業者の二種類に分かれています。個人だと得られる現金は多いですが、カード停止などのリスクが高くなるため、高額・多頻度の利用には向きません。一方で、現金化業者を利用すると、還元率は少し低くなってしまうものの、リスクというのをほぼゼロにして現金化することができます。 

現金化のメリットとは

 現金化について簡単に理解してもらったところで、現金化のメリットについて見ていきましょう。

 まず、現金化は誰でも利用可能であるという点です。消費者金融や銀行の場合だと、融資を申し込むのには条件を満たさなければならず、また申し込み後の審査に通る必要があります。また、やっと審査に通ったとしても、希望通りの金額を受け取れるとは限りません。一方で、現金化の場合だと、クレジットカードを所持して入れば、主婦・フリーター・学生などの収入が不安定な層であっても現金を得ることができます。
 次に、現金化はどの方法よりもスピードが早いという点です。融資となると審査に時間がかかるため、必要な時にすぐに現金を手にするということはできません。しかし、現金化業者ならば、申し込みから契約までの手続きも早くかつ入金が即時でされるため、緊急でお金が欲しい人にはうってつけといって良いでしょう。
 最後に柔軟な返済方法があるという点です。カードローンやキャッシングだと、一括かリボ払いという選択肢しかありません。一括で返済できれば、手数料はそれほどかかりませんが、リボ払いとなると長期的になればなるほど、かかるコストが増えていきます。それに対して、現金化だとショッピング枠の返済方法と変わらないので、一括・分割・リボの3つから選ぶことができます。加えて、それぞれの支払い方法を途中で変更することが可能なので、自身の財政状況に合わせた無理のない返済計画を立てることができます。

利用のしすぎに注意

 現金化は利用が簡単すぎる故に、お金を使っている感覚があまりしません。そのため、現金化を利用するときは、どのような目的で利用するのかやその金額は本当に必要な分であるのかなど、しっかりお金の使いかたをイメージしていく必要があります。事前にこのように利用計画を立てていくことで、返済も無理なくすることができるのです。

まとめ

・消費者金融での融資は簡単に受けられるものではありません。
・現金化はクレジットカードがあれば誰でも利用することができます。
・現金化する際には、事前に利用と返済の計画を立てることが重要です。

以上がクレジットカード現金化のメリットについてでした。現金化は利用と返済のバランスを考えることで、無駄な出費を省くことになりますので、覚えておきましょう。

クレジットカード現金化の還元率について考えてみた

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

クレジットカードを使った現金化にはいくつか方法がありますが、利用者としては手間が少なくてどれだけ高い還元率を得られるかが重要であると思います。確かに、還元率が高くても、現金化までの時間がかかり過ぎてしまっていたら、コスパがよくないです。しかし、だからと言ってスピード現金化を重視し過ぎて、還元率が低くなっては意味がないと思います。

コストゼロでは現金は得られない

 融資や現金化など現金を手にするような場面において、費用が全くかからずに行えるということはほぼありません。例えば、銀行や消費者金融での融資は、どの業者に申し込むにしても金利というのがかかります。また、高還元率で知られている個人での現金化も、換金するときに手数料がかかります。また、友達同士での貸し借りなら無料でできると思いがちですが、お金を返すときにご飯を奢るなどの何かしらのお礼をする場合が多いと思うので、実質的にはコストがかかっています。
 つまり、現金を得るためには、それ相応のコストを支払わなければならず、どのような手段であっても100%の還元率はあり得ないのです。そのため、お金を得るためには、どのような方法で行うのが、一番コストパフォーマンスが良いかを考えた上で行う必要があります。

現金を得る方法を見比べてみよう

 現金を得る方法というのは数多くあり、それぞれ還元率やリスク、スピードなど様々な面で異なってきます。どのようなものがあるのかについて簡単にみていきましょう。

 現金取得の手段一覧
・銀行・消費者金融での融資
・個人での現金化
・業者での現金化
・ヤミ金

 が主な現金を得るための方法となります。 それぞれ簡単にみていきましょう。

個人・業者での現金化

 まずは現金化についてみていきましょう。個人での現金化の場合だと、還元率は現金を得る方法の中で一番高い水準となります。換金性の高い商品の代表例としては、新幹線回数券です。人気の高い区間となると95%の換金率に程度になります。金券は比較的、還元率が高い傾向にあるのですが、新幹線回数券ほど安定しているものはありません。一方で、個人だと多額・多用ができないのがデメリット隣、もし使い過ぎてしまうとカード停止のリスクを背負うことになります。
 また、業者での現金化では還元率は個人には劣りますが、より多くの現金を得ることができかつバレにくいというリスク回避をすることができます。加えて、個人の時より現金化に到るまでのプロセスが短縮されているため、すぐに現金を手にすることができます。
 コスパの面で考えた場合だと、業者に頼んだ方がお得であると言って良いと思います。

消費者金融との比較

 次に現金化と消費者金融で比較していきましょう。
 消費者金融で融資を受ける場合の金利は年利15-20%となります。10万円を一年間借りたら、2万円が金利となるため、還元率にすると83%となります。また、融資を受けるには審査に合格する必要があり、新規利用者の通過率は50%ほどとなっています。申し込んだからと言って必ず融資を受けることができるわけではなく、落ちるということもあるのです。そのため、消費者金融で融資を受けようと考えている場合は、期間に余裕を持って2−3社に申し込むつもりでいなければなりません。
 加えて、審査にはある程度時間がかかるため、現金が今すぐ欲しいという人にはあまり向かないサービスとなっていますし、審査の基準もやや厳しめと言われています。

現金化は実質還元率で見よう

 業者での現金化と消費者金融での融資を比較して見ると、還元率は両方とも同じくらいか、やや現金化業者の方か低いため、消費者金融の方がメリットがあるように感じます。しかし、現金化の場合だと、クレジットカードを利用するので、カードのポイント還元率を合わせると消費者金融の還元率を容易に超えるということがあります。
 そのため、還元率の良いカードで現金化をすることで、還元率が高く、現金化までのスピードが早いという両方のメリットを享受することが可能となるのです。

ヤミ金は絶対に使わないこと

 現金を得る方法の禁じ手として、ヤミ金がありますが、絶対に手を出してはいけません。ヤミ金に手をだす人の特徴としては2つあり、一つは多重債務者で手段が選べない人。もう一つが現金化できる条件が揃っているのに、現金化を知らないからヤミ金に手を出してしまう人です。前者については、もう手に施し方がありませんが、後者がヤミ金に手を出してしまうと、前者のような多重債務者に陥ってしまう可能性が高くなります。多重債務者のほとんどが、借金を返せずに、自己破産となってしまうパターンがほとんどです。

まとめ

・お金を得るためには、何らかのコストがかかります
・消費者金融での融資は、想像以上に手間がかかり、かつ必ずしも実行できるとは限りません。
・現金化は業者を利用することで、効率的に現金を手に入れることができます。

以上がクレジットカード現金化の還元率についてでした。前述した通り、ヤミ金に手を出す前に、しっかりとお金の管理をするように心がけましょう。

アマゾンギフト券現金化業者を知ろう!

o0600040012816036141-1

Amazonはネットで買い物をする上でとても便利なサイトです。欲しい商品の条件を検索すれば、いくつか候補が出てきますし、同じ商品でも最安値のものを見つけることができます。支払いもクレジットカードやアマゾンギフト券を使えば、決済は簡単です。今回はアマゾンギフト券を利用して、現金を手に入れる方法とリスクについて見ていきましょう。

アマゾンギフト券は使い勝手が良い

 金券と一言で言っても様々なタイプのものがありまが、アマゾンギフト券はその中でも一番汎用性が高いと言っても過言ではありません。Amazonなら取扱商品は1億を超えているので、欲しい商品はほぼ手に入りますし、アマゾンプライム会員であれば、次の日には手元に商品が届きます。
 また友人や家族へのプレゼントにも活用することができます。“何を送って良いかわからない、現金だと味気がない“という方は、アマゾンギフト券を贈れば喜ばれることは間違いありません。
 そんな使い道が広いアマゾンギフト券ですが、別の使い道もあります。もしあなたが現金に困っているのであれば、アマゾンギフト券を活用して現金に換えましょう。ギフト券はクレジットカードを使えば、購入することができるので手持ちの現金が少なくて困っているという人にはとても便利なテクニックではないかと思います。ちなみにこの裏技のことをクレジットカードの現金化と呼ばれており、他にも様々な現金化方法が存在します。

アマゾンギフト現金化方法とリスク

 ではアマゾンギフト券を使った現金化はどのようにして行うことができるか簡単に見ていきましょう。

手順(個人)
1:現金化したい金額を決めて、アマゾンギフトを公式サイトで注文する。
2:クレジットカードで決済をする
3:アマゾンのサイトで換金性が高い商品を購入する
4:換金ショップで商品を換金する

手順(業者)
1:現金化したい金額を決めて、アマゾンギフトを公式サイトで注文する。
2:クレジットカードで決済をする
3:アマゾンギフト券買取業者で換金する

 個人の場合だと、一般的なショッピング枠の現金化と方法はほとんど変わりません。金券というのはこれまでカード購入できる種類が少なかったので、現金化には向きませんでした。しかし、アマゾンギフト券の登場によって、カードでの金券購入が可能になりました。そのため、現金化の方法に金券での現金化が新たに加わることとなったのです。
 一方で、業者の場合だと途中までは個人と方法は変わりませんが、換金する商品を購入して換金するという手間を省くことができます。還元率は業者を挟んでいるため、少し低くなりますが、スピーディで現金化できるのが利点となります。
 アマゾンギフト券での現金化は非常に便利で、有用性が高いように思えますが、実は大きな落とし穴があります。それは利用しすぎるとカード停止の可能性が高くなることです。クレジットカード会社は時たま、換金性の高い商品を購入している人を現金化目的と警戒しており、カード停止や確認電話をすることがあります。そのため、頻度の高い利用はリスクが高いのです。もしカードを停止されてしまたら、カード会社に何かしらの正当な理由を説明すればすぐに停止解除してくれます。

業者利用は楽だが気をつけて

 個人での現金化は踏まなければいけない手順が多いので、とても面倒です。そんなときには業者を利用するのがオススメですが、業者選びで還元率が大きく異なってきたり、最悪の場合はだまさせてしまう時があるので気をつけなければなりません。
 アマゾンギフト券買取業者とのやり取りはネットが中心になりますので、グギフト番号を業者に伝えて、現金化することになります。
 この時注意しておきたいのが、悪徳な業者と取引してしまうと何かにつけて還元率を下げてくるということです。
 その一例としては、細かい利用規約の中に低い還元率を書いているという手口です。利用者は現金が必要な状況に迫られていますから、利用規約というのを読んでいるようで、内容はあまり確認していないことが多いです。その利用者の心理を悪用して、還元率を下げる口実にしているのです。現金が利用者の口座に振り込まれた段階では取引はすでに完了していますから、騙されてしまうと泣き寝入り以外に方法はありません。
 

まとめ

・amazonギフト券は金券の中で一番利用価値が高く、現金化の際にも活用することができます。
・個人と業者の場合だと、業者の方がスピードが早く、リスクも低くなります。
・業者を利用するときは、利用規約などの細かい注意事項もしっかり確認しましょう。

以上がアマゾンギフト券現金化業者についてでした。ネットでの取引は手軽で便利ですが、一歩間違えると思わぬ事故に繋がることがありますので、現金化利用の際は気をつけましょう。