0年 0月 の投稿一覧

あなたが知らない本当の換金率

2d4895ccc7d62723181cb07736f3ad27_s

現金化で一番きになるのがどれくらいの還元率で取引ができるかということです。還元率というのは1%の差でも、金額が大きくなればなるほどその差は大きくなります。しかし、現金化というのは意外とコストとリスクがかかるものです。そのため、還元率の上限には限界があるのです。

現金化でかかるコストはどれくらい?

 利用者として、現金化にどれくらいのコストがかかるかについて知っておくことはかなり重要なこととなります。なぜなら、還元率から業者が優良かどうかを判断することができるからです。
 まず、現金化というのは手間が結構かかっているということについて知っておきましょう。利用者側から見れば、短い時間で現金を手にすることができるので、簡単なように見えます。しかし、それは業者がスムーズに現金化できるだけの準備をしっかりしているからです。
 現金化には、クレジットカードの決済という手続きが必ず必要になりますが、この業務を担っているのが決済代行会社です。この会社は現金化業者ではなく、カード会社から決済業務の許可を受けた代理店です。ここからわかるように決済というのは、誰でもできるわけではありません。決済が無制限でできてしまっては、犯罪に利用されてしまう可能性が高くなるので、きちんと届出をして、許可をもらう必要があるのです。
 加えて、決済というのは無料ではなく、一回決済をすることに手数料というのをカード会社に支払わなければなりません。その決済手数料というのも、利用額に応じて決まっています。しかし、一円でも利用したら手数料が発生するため、金額によっては、業者側が損をするということもしばしばあります。
 そのため、現金化には決済代行会社の協力が必要不可欠なので、現金化業者は代行会社に対して、報酬金を含めた手数料分を支払う必要があります。
 さらに現金化業者がかかるコストとしては、人件費・事務所賃料などの必要経費があります。
 そのため、現金化にはある程度の必要コストがかかってしまうために、還元率というのは個人で行った時よりも低く出てしまうのです。もちろん、それだけの費用をかけていますから、カード会社にバレるということはほぼ無くなるので、利用者のメリットは大きいです。

カード現金化の換金相場とは

 現金化に一定のコストがかかるということをわかってもらったところで、クレジットカードカード現金化の換金相場というのを理解しておきましょう。相場を知っておくメリットは、既にお伝えしましたが、業者の良し悪しを判断するためです。換金相場を知っておけさえいれば、業者が相場からかけ離れた還元率を提示してきたら、すぐに疑うことができます。
 現金化を利用する人は、平均して15~20万円を現金にする人が多いようです。クレジットカードのショッピング枠は15万円前後に設定されていることが多く、そこから、利用者の収入によって段階的に上がっていきます。それゆえに、初期枠文を目安に、利用することがほとんどなのです。
 気になる還元率ですが、80%が相場のようです。業者によっては多少前後しますが、90%などの高還元率で現金化をやってくれるという業者はいません。キャンペーンを実施している業者であっても、せいぜい85%といったところでしょうか。
 申し込む際には、業者に現金化したい金額での還元率はどれくらいになるかを確認しておくことをお勧めします。

高還元率は誇大広告である

 現金化をしようと考えている利用者は、ほぼネットで業者を探します。そのため、現金化業者はネットに掲載している還元率を少し高めに設定していることがあります。しかし、あまりに高い還元率というのは通常の現金化だとかなり難しいです。もし、100万円などの大金で、現金化を行えば、高い還元率を期待することができますが、15万円程度では業者側が損をしてしまいます。このような高還元率を売りにしている業者は、誇大広告を行い、利用者を集めようと考えている悪徳なものの可能性が高いです。そのため、異常に高い還元率をネットで見つけた場合は、注意しなければなりません。
 

まとめ

・現金化には意外とコストと手間がかかります。
・現金化には決済代行会社の協力が必要不可欠ですが、カード会社にバレるリスクは低くなります
・高すぎる還元率は業者側にメリットはありませんので、注意しましょう。

以上があなたが知らない本当の還元率でした。還元率というのは相場を理解していなければ、かなり低い還元率で取引しようとしてくる業者もいるので注意しましょう。

法人カードで現金化ってできるの?

e975fda9f4663a70b6cb64e2e475f407_s

クレジットカードの現金化といえば、個人名義のカードで行うのが通常の方法です。しかし、個人名義以外にもカードには法人カードがあり、これは会社名義と個人事業主の方が利用することができます。

法人カードを持つには?

 法人カードは会社から支給される場合は所持するのが簡単ですが、個人事業主が所持するにはいくつかの手続きが必要となります。

 法人カードを作成する上で必要となるもの
・法人名義の銀行口座
・履歴事項の証明書
・印鑑登録証明書
・代表者の本人確認書類

などが必須となる書類です。その後、発行したいカードに申し込みをし、審査に通過すれば、カードを持つことができます。

法人カードのメリット

 法人カードを利用する一番のメリットが、経費の支払いに利用できることです。出張などで飛行機などを利用する人も多いかと思いますが、個人名義のカードで会社の経費を支払うことは実はできません。カード会社によっては、規約違反としてカード利用を停止させられてしまうことがありますので注意しましょう。
 そのため、会社の経費をクレジットカードで支払う機会が多い人は法人カードを持つことをお勧めします。法人カードであれば、経費目的を前提に作られていますから、利用の仕方でカードを停められるということはありません。例えば、新幹線回数券を個人購入するとカード利用を停止させられることがしばしば起こりますが、法人カードなら出張の経費であるとされます。
 また、法人カードを利用することによって、経理処理の手間を省くことができます。
 会社の経費というのは個人が費用を肩代わりして、会社に領収書などの書類を提出することによって、処理が行われます。もし、個人カードで経費を支払っていたとしたら、私用で利用したものと分けて書類を提出しなければならないので非常に面倒です。一方で、法人カードならば、経費と個人利用のものを分けることができかつ、会社側に利用した金額が自動で共有されるので、経理処理がとても楽になります。

サラリーマンでも持てるの?

 法人カードと呼ばれているくらいですから、サラリーマンなどの雇われている身分だと所持することができないのではないかと思われます。確かに昔では、法人カードはあまり浸透していなかったために、サラリーマンの所持はほぼ不可能でした。しかし、最近では法人カードの定義が崩れは閉めてきており、個人でも発行することができるようになってきました。そのため、ビジネス利用目的であれば、法人カードを個人で作ることは可能なのです。

お金が必要になったら現金化を利用しよう!

 個人事業主で資金繰りや一時的な費用の支払いに困ってしまったら現金化の利用をおすすめします。現金化とはショッピング枠を利用した現金化取得方法で、主に主婦や若い社会人などの個人で利用されています。
 個人で行う場合だと、カード会社にバレやすく、カード停止などの可能性がありますので、あまり多用はできません。
 しかし、法人カードの場合だと別になります。法人カードでは個人では購入はしないような商品を利用したり、出張のために交通費が多額にかかったりと、個人名義のカードで利用していたらカード停止になり得るような利用をしています。それでも法人カードでなら全て経費やビジネス目的であるという理由で、カード会社からペナルティを受けることはありません。
 それを逆手にとって、法人カードで現金化をすることによって、より安全に現金を手にすることができるのです。加えて、現金化業者を利用すれば、現金化リスクというのはほぼゼロになるため、安心して資金調達をすることができます。

まとめ

・法人カードは個人事業や会社から支給されることによって、所持することができます。
・サラリーマンでも経費目的を理由にすれば、法人カードを発行することができます。
・現金化の利用だと、法人カードはリスクが低くなるのでお勧めです。

以上が法人カードで現金化ってできるの?についてでした。別の記事ではオススメの法人カードなどを紹介していますのでぜひ参考までに見てください。

融資を断られてしまった時に役立つ知識

4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s

“予定外の出費が重なってしまったために、お金の融資を申し込んだけど、審査に通らずに断れてしまった“人や”審査の結果を待つ時間はない“という人がいるかと思います。今回はそんな人向けに、役立つ知識というのをお伝えしたいと思います。

融資の審査に落ちてしまう理由

 お金が必要なのに、なかなか審査に通ることができないので、困っている人がいるかと思いますが、なぜ審査に落ちてしまうのでしょうか?

 融資を断られしまう理由としては、
  ・総量規制に近い額を借りている
  ・個人のクレジット信用が汚れている
  ・過去に何らかの支払い延滞経験がある
  ・現在、別の業者からも借りている
  ・職業柄、収入が安定しない

このような原因が考えられます。他にもキャッシング会社が独自に定められている基準を満たしていないと、融資を受けることができません。

信用情報は融資の審査に大きく影響する

 金融機関が申込者に融資するかどうかを判断する材料の一つとして、信用情報があります。これは、申込者のこれまでの支払いの履歴がどのようなものであったかを表すもので、この情報の中には携帯電話の支払い歴・クレジットカードやローンの延滞履歴など支払いに関するあらゆる履歴が詰まっています。
 また、消費者金融やローンへの申し込みも信用情報として、登録されており、それらのすべての情報は信用情報機関を通じて、関係会社に共有されています。そのため、初めて利用する会社のカード発行や融資を申し込んだのに、審査に落ちてしまうというのは、信用情報を共有していることから起こることなのです。
 加えて、審査に落ちてしまったという事実は、別の審査を受ける時に大きな悪影響をもたらす可能性があるので、むやみに申し込むのは控えた方が良いかと思います。ある程度信用情報が低くても、審査に通る会社であっても、連続審査落ちという情報のせいで、通らなくなってしまうということは十分に考えられます。

総量規制という法律のせいで借りれないのかも

 支払いの延滞もないし、審査に落ちたこともなかったのに、今回初めて審査に通らなかったという人は、法律による規制が原因かもしれません。金融機関は信用情報を元に、融資を決定しますが、中には優良利用者であっても、お金を貸すことができないということがあります。
 その原因となっているのが、総量規制というもので、これは昨年度の年収の3分の1までしか、お金を融資してはいけないという法律になります。そのため、今年の年収がいかに高くなろうと、去年の年収をベースに融資限度額が決まってしまっているので、金融機関は限度額以上の融資をすることができません。もし、規制に違反してしまったら、利用者側には罰則はありませんが、融資側の金融機関が厳しい罰受けなければならないため、どの機関も規制を破るようなことはしないでしょう。

合法的にお金を借りる方法とは

 そうはいっても、お金がなければどうしようもならないという状況においては、総量規制というのは邪魔な法律以外の何物でもありません。そんな時は総量規制の対象外であるクレジットカードの現金化があります。
 これは金融機関で行われているような融資ではないため、法律の縛りを受けることはなく、かつヤミ金のような法外な金利を要求されることもないので、とても使い勝手が良いのではないかと思います。
 方法としては、クレジットカードのショッピング枠の範囲で、現金にしたい額を選び、個人か業者で行うということが一般的です。どちらも、メリット・デメリットはありますが、リスクという側面で捉えた場合は現金化業者の方が安心ではあります。

まとめ

・融資に落ちるにはいくつか理由があるため、どのような理由で融資を受けられなくなってしまっているのか分析することが必要です。
・優良利用者であっても、法律の規制によって融資を断られてしまうこともあります。
・申し込みを複数することは、自身の信用情報を傷つけてしまうことがあるのでやめましょう。

以上が融資を断られてしまう理由となります。総量規制というのはとても厄介な法律ですが、利用者が破産してしまうことを防ぐために存在しているので、自分自身でうまく調整していくしかありません。

クレジットカード現金化の審査って実際どうなの?

3dcda2e40ab22fe60d8bef431a16d1e0_s

クレジットカードショッピング枠の現金化の審査は厳しくないか? |
審査が面倒、信用情報に載りたくない、そんな人は現金化
現金化するのに来店・審査不要ってどういうこと?
クレジットカード現金化は審査・来店不要で金銭工面が可能
審査もなくネットで完結するのが現金化のよいところ^^

審査や手続きが面倒だから、クレジットカードの現金化を利用したいけど、よく調べてみたら、こっちも審査があるから利用を迷っているという人が中にはいるかと思います。現金化には確かに審査はあります。しかし、それは消費者金融ほど複雑なものではなく、即座に終わるようなものが多いです。

消費者金融での審査難易度はどれくらい

 クレジットカード現金化の審査が比較的通りやすいということについて触れる前に、一般的な消費者金融の審査基準や手続きがどのようなものであるかについて知っていきましょう。
 
 まず提出が必要な書類ですが、
 
・本人確認書類(運転免許証・パスポート・公的証明書類)
 *現住所と記載住所が異なる場合は、公共料金の領収書などを追加で提出
・収入証明書(源泉徴収票・確定申告書・所得証明書・給与明細書から一点)
 *給与明細は直近2ヶ月分が必要

 の2点が必要となります。本人を証明する書類が必要なのは当然ですが、一定の収入を証明する書類が2ヶ月分も必要なのは面倒ですね。

 次に、必要な手続きですが、
  申し込み → 審査 → 融資という流れになります。

 それぞれの手続きについて詳しくみていくと
 申し込みはネットで24時間対応しており、事前に借入可能かの診断サービスを利用することができます。申し込み後は、必要書類を郵送またはメール、faxで提出します
 手続きを終えたら、いよいよ審査となります。審査が終了次第、指定した連絡先に結果が通知されることになります。
 審査を通過すれば、申し込み金額分の現金が、口座に振り込まれることになります。

 消費者金融で融資を受けるには、必要なものを集めたり、いくつかの手順を踏まなければならないので少し面倒ですね。
 

現金化は審査に通りやすい

 消費者金融の申し込みで、収入を証明する書類を求められるということを、お伝えしました。なぜこの書類が必要であるのかというと、一定した収入がなければ、審査に通ることができないということを表しているのです。そのため、安定した収入を得られる職業でなければ、融資のハードルというのは高くなります。もちろん、フリーターやパートでも、ある程度収入があり、申し込み額が少ないと審査に通ることはありますが、可能性は低いです。
 一方で、クレジットカード現金化業者では、審査というのが簡単で、収入によるふるい落としもありません。これは、現金化業者が貸金業ではないからできる方法です。貸金業だと、利用者が返済するときに手数料をもらうので、利用者に返済能力がなければ、貸し損してしまいます。しかし、現金化業者では、利用者がショッピング枠を使って現金化するときに、現金にした一部を手数料として受け取っています。それゆえに、現金化では、利用者の返済能力はあまり審査の基準にはなっていないのです。

審査に必要なのは本人確認

 クレジットカード現金化の審査がいかに簡単であろうと最低限必要なものというのはあります。
 それは本人確認証明書です。現金化する際に、本人かどうかわからないと
利用するカードが悪用されてしまう可能性があるので、必ず提出しなければなりません。このようにすることで、現金化する上で最低限のセキュリティは維持することができます。

現金化は簡単だけども返済は大変

 現金化で一番意識すべきことは、現金化業者の選び方でも、バレるリスクでもありません。返済プランが最も現金化をする上で、重要な要素となります。
 現金化をして、消費するのはとても簡単ではあります。しかし、現金化した額分のお金を稼いで、返済するというのは容易なことではありません。なぜなら、普段の生活水準を切り詰めるなど、支出を絞らなければ、返済すべき余分な現金というのが出てこないからです。
 現金化を利用する際には、返済後するときのイメージをしっかり作った上で、行いましょう。

まとめ

・消費者金融の融資を受けるには、必要な書類を集めたり、いくつかの手続きを踏む必要があります
・現金化の場合だと、本人確認だけで手軽に利用することができます。

以上がクレジットカード現金化の審査についてでした。 審査の観点から言えば、現金化というのは一番利用者に優しいかもしれませんね。120def697f48ab695e43eff403307195_s