0年 0月 の投稿一覧

現金化には契約書類は不要です。

9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_s

消費者金融や銀行での借入れ時には、収入証明書や身分証明書に加えて、同意書などの契約書類が必要となります。なぜなら、それらの書類は、お互いに契約内容を守らなければならないという約束を法的に証明するためです。これによって、利用者は契約通りの金額を借りることができ、融資先は借金を踏みたおされないように保障されることとなります。

現金化には一切の契約書類はありません

 現金が必要な時の便利な手段として、クレジットカードの現金化はとても有名です。しかし、現金化には契約すべき書類というものはありません。なぜなら、現金化業者というのは貸金業者ではないからです。実際に、現金化業者が利用者にお金を貸すというような行為はしません。
 もちろん、申し込み時には、身分証明書や銀行の口座番号・カードの番号など、現金化に必要な情報を業者に伝える必要はあります。しかし、書類にサインをするというようなことは一切ありません。
 

現金化で必要なことをまとめてみた

 現金化業者の中には、個人情報を得ようとして、契約書類に署名することを求めるものを少なからずいます。しかし、そのようなことを要求されても、個人情報について書いてしまったり、印鑑で捺印するということはしないように気をつけなければなりません。
 それでは、現金化に必要なものがなんであるかについてしっかり確認していきましょう。

 クレジットカード現金化に必要なもの
・自分名義のクレジットカード番号
・保険証やパスポートなどの身分証明書
・銀行口座

 このほかにショッピング枠に余裕があることが必須となります。現金化ではカードの枠分までしか現金に変えることができないのでここは当然ですね。
 また、クレジットカードはおもて面に記載されている番号のみが必要となり、暗証番号及びセキュリティ番号は決して、教えてはいけません。もし、この二つの情報がバレてしまうと、業者に悪用されてしまう可能性があります。

契約書がないことによるリスク

 契約書がないことで、周りにバレにくいというメリットがあります。一方で、業者が悪徳であった場合だと、申し込み時と契約時で内容が違ったり、実際の還元率が低かったりと騙されてしまうことがある時に不安です。
 そのような時には、なるべく証拠を残すようにしましょう。証拠というのは契約書のような形式的なものだけではなく、現金が振り込まれた時の履歴・申し込み時のメール履歴など、数をあげれば様々なものが証拠となりえます。

現金化業者の選び方をしっかり

 現金化というのは非常に便利であるものの、業者をしっかり選ばなければ、大損をしてしまうということもあるため、利用には注意が必要です。
 ここでは業者の選び方については詳しくは述べませんが、簡単にポイントを紹介していきましょう。

 ・条件が良すぎる業者
  換金率が高すぎるものは注意です。手数料などを考えると95%というような換金率は利益が出ないばかりか、赤字になってしまいます。

 ・ホームページの作りが雑な業者
 利用者はホームページでしか業者の良し悪しを判断することができません。そのため、優良業者であれば、利用者がみやすいようなサイトを作っています 

 ・住所が正確でない
  事業をする上で、事務所というのは必要なものとなります。そのため、住所が不正確なものは、その場所に事務所を構えていない怪しい業者である可能性が高いです。 

まとめ

・クレジットカードの現金化に契約書類は必要ありません。
・個人情報などを業者に伝えてしまうと悪用されてしまうことがあるので気をつけましょう。
・現金化業者の選び方で、現金化の良し悪しが決まってくるのでしっかりと確認しましょう。

以上が現金化には契約書類は不要についてでした。現金化業者の選び方は別の記事でしっかりと解説しているので、ぜひ参考にしてください。

現金化は方法を間違えなければ、法律違反にはならない?

6016b4c86665ce5ae24dc93b2b7ccc66_s

クレジットカード現金化と聞くと、法律違反であるというイメージを持っている人が中にはいるかと思います。しかし、実際のところはどうなのでしょうか? 
 今回は、現金化が違法に当たるのかの検証について見ていきましょう。

逮捕されるのは現金化業者だけ

 現金化をして今までに逮捕された利用者はいません。確かにクレジットカードの利用しすぎたために、返済が間に合わず、カードを停止にされてしまったいう方はいるとは思います。しかし、現金化が原因で、警察に捕まるということはないのです。
 一方で、現金化業者の中には、逮捕されてしまった例がいくつかありますが、逮捕された原因には共通点があります。キーとなる法律は、出資法及び貸金業法です。
 この二つの法律は、人にお金を貸すことを目的とした業者が守らなければならない規制であり、逮捕された現金化業者は無許可で賃金業をしていたとされていたのです。
 加えて、出資法によると法律で定められた金利以上を超えての出資は禁止とされていたため、その部分にも引っかかってしまいました。

違反している業者の現金化方法

 現金化業者が逮捕されていると言っても、全ての業者がそのような対象になるとは限りません。業者の中には、法律に違反しない方法で現金化を行なっているものも数多くあるのです。ここでは、逮捕予備軍の業者の特徴について見ていきましょう。
 まず、現金化の方法には、買取方式とキャッシュバック方式の2つがありますが、逮捕された業者がいずれも行なっていたのが、買取方式でした。
 この買取方式では、利用者に商品を購入してもらい、それを業者が買い取るという中古売買の営業方式で、現金化をしていました。方法だけ見れば、換金業ですが、実際は事実上の貸金業でした。そのため、警察はそれらの業者を貸金業法の違反者として、検挙することにしたのです。

利用者側には何も問題はないの?

 これまで利用者が現金化で逮捕された例というのは存在しません。しかし、だからと言って完全に安心できるわけではありません。
 買取方式の現金化を利用する前に、それらのリスクについて理解していきましょう。

・横領行為の疑い
  買取方式の場合だと、商品購入後すぐに換金をするため、クレジットカードの支払いが済む前に、商品が他人の手に移ります。実はカード会社へ返済が済むまでは、商品の所有権は自身ではなく、カード会社にあります。そのため、転売目的の商品購入は横領行為となるかもしれません。

・詐欺行為の疑い 
  現金を利用したいのであれば、キャッシング枠を利用すべきというのがカード会社の言い分です。そのため、現金化というのは、カードの規約で禁止されています。それゆえに、規約違反の行為である現金化は詐欺行為として見られてしまうことがあります。

キャッシュバック方式は合法?

 キャッシュバック方式での現金化は買取方式とは異なり、法律に反することはありません。もちろん、現金化であることには変わりはないので、依然として規約違反に違いはありません。しかし、法律違反ではないので、リスクとしてはカード停止程度で済みます
 なぜ現金化の方法が違うだけで、法律違反では無くなるのでしょうか? それは景品表示法という法律を根拠に、キャッシュバック方式での現金化を行なっているからです。
 この景品表示法とは、商品購入やサービス利用時に、何らかの特典を与えて誘引することは不当行為に当たるとしています。しかし、キャッシュバック方式の場合はその例外にあたり、「もれなく型」の分類に入るので、法律違反になることはないのです。

まとめ

・買取方式を利用している業者は逮捕されているものもいるので、利用は控えた方がいいです。
・キャッシュバック方式だと、法律に則って行なっているので、安全度が高いことがわかります。

以上が現金化が法律に違反するのかについてでした。今回は、現金化の具体的な方法については触れませんでしたが、興味がある方はぜひ別の記事も参考にしてみると良いでしょう。

より多くの現金化をするなら一時増枠を利用しよう

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

ショッピング枠に余裕がないけど今月ちょっと厳しいなという時があるかと思います。そんな時は、クレジットカードの一時増枠サービスというのを利用して見ましょう。

カードの一時増額とは?

 クレジットカードの一時増額とは、ショッピングの利用可能枠を一時的に増額するサービスのことです。一時増額中の支払いは一括払いだけとなっており、増額期間中のキャッシングの利用は不可能になるようです。
 また、一時増額の申請の際に気をつけてほしいのが、増額を申し込んで増えた金額というのは、現在のご利用利用額を含めたものとなります。
 例えば、元々の利用可能枠が50万円で、現在利用できる枠が10万円しかないとします。その状態で、90万円の増額を申し込んだ場合は、現在の枠10万円を含んだ90万円が一時増額分となります。そのため、利用可能額が多く残っている状態での、増額だとあまり使える枠というのが増えませんので注意が必要です。
 加えて、増額は申し込んでから即日で開始されることが多く、有効期間は2〜3ヶ月となるようです。

一時増額の申し込み方法

では次に一時増額の申し込みについて、イオンカードの例を元に見ていきましょう。
 まず、申し込みは電話またはネットからできます。
 電話の場合は、カードの裏面に記載されている電話番号が、受付となっております。一方で、ネットの場合は、会員ページの「カード登録内容照会・変更」→「増額申請」という流れで申請を行います。
 また、増額の方法には2種類あり、一時的な増額と増額があります。前者については説明不要であると思うので、増額について解説していきましょう。増額とは、通常利用で利用可能な限度額を引き上げるということです。これによって、わざわざ、一時増額を申し込む必要は無くなるのでとても便利であるといえるでしょう。

一時増額と増額の審査難易度の違い

 同じ増額といえども、一方は一時的で、もう一方は半永久的なものです。そのため、審査難易度が同じということは考えにくいですが、実際にどの程度難易度に差があるのでしょうか?
 まず、一時増額の場合は、ほとんどの場合は審査に通りますが、申し込み時になぜ増額が必要であるのかについて、しっかりとした理由は事前に用意しておく必要があります。例えば、一時的に出費が増える出来事としては、海外旅行・引越し・冠婚葬祭などが理由の候補として考えられます。一方で、生活費の不足での一時増額は、カード会社の印象があまり良くないので、控える硫黄にしましょう。
 次に、増額の場合は、新規でカード発行した時と同じかそれ以上の審査難易度となります。それもそのはずで、利用可能額が増額したいということは、それに見合った収入が必要ということになり、増額希望額が返済能力に見合っているかを判断する必要があるからです。そのため、審査に通るためには、返済をきちんと行なっている・限度額に余裕がある・半年以内の増額申請はしていないなど、利用者が健全であることを示さなければなりません。
 これらのことを考えると、一時増額の申し込みで何度が実績を作った上で、増額に申し込みをした方が良いかと思います。

一時増額に現金化は利用できるの?

 これまでのクレジットカードの利用歴に問題がないようであれば、現金化のために一時増額をすることは可能です。
 しかし、一つ注意してほしいのが、一時的に増額がされたからといって、高額な換金性の高い商品を購入するというのは避けなければいけません。なぜなら、通常の現金化でさえも、カード会社は現金化目的の商品購入に目を光らせていますから、増額後の監視はさらに厳しくなることが予想されます。
 そのため、期間を適度に空けつつ利用するのが良いかと思います。
 また、買取方式を採用している業者の場合も、個人で行うのとリスクは変わりません。一方でキャッシュバック型の現金化業者の場合だと、商品自体に換金性はありませんので、増額後でも現金化は可能です。

まとめ

・ショッピング枠は利用可能額を変更することができ、それは一時的増額・増額の2種類に分けられる。
・一時的増額の場合は、しっかりとした理由があれば、比較的簡単に申請が通ります。
・増額の場合は、これまでの実績に加えて、収入の増加など、新規の審査と水準での審査となるので、突破するのは少し難しいかと思います。
・現金化目的での一時増額はキャッシュバック方式での業者利用なら問題なく、現金を手にすることができます。

以上がクレジットカードの一時増額についてでした。 一時的にカードの利用額を増やした時は、これまで以上に出費が増えるので、しっかりとした返済計画を立てることを意識するようにしましょう。