0年 0月 の投稿一覧

従来型と新しい電子マネーの現金化比較

e975fda9f4663a70b6cb64e2e475f407_s

電子マネーというのは現金を持たずに支払いを済ますことができるのでとても便利です。また、クレジットカードとは違い、盗難にあったとしても、チャージ額以上には悪用されるということはないので、安心ですね。
 今回は、電子マネーを活用したこれまでの現金化とこれからの現金化について紹介したいと思います。

電子マネーとは

 まずは、電子マネーそのものについて理解していきましょう。皆さんはSuicaやpasmoといったものを利用したことはあると思いますが、それらは電子マネーの種類の一つです。他にもWeb MoneyやEdyなど様々なタイプのものが存在します。電子マネーが登場した当初は、電車・バスなどの公共機関の乗り換えに利用している人がほどんどで、利用可能店もコンビニぐらいでした。しかし、最近では自販機やデパートなど、いろいろな場所で利用することができるようになりました。
 また、最近では子供に電子マネーを持たせる家庭が多いようです。電子マネーさえあれば、通学やご飯の支払いにも便利ですし、一定額以上の利用は制限されているので、無駄遣いの防止にもなります。

電子マネーの使いずらいところ

 ここまでの話だと、電子マネーは万能でとても便利なもののように感じるかもしれませんが、実は欠点もあるのです。それは一度チャージした現金を元に戻すことができないということです。電子マネーが普及した世の中といっても、まだまだ未対応の場所も数多く存在します。そのため、いざという時のために現金はいくらかもっておきたいと思う人もいると思います。
 電子マネーに現金を入れるときは、お財布の中身にも気をつけてチャージすることが重要ではないかと思います。

電子マネーで現金化

 電子マネーで現金を引き出すことはできないと言いましたが、テクニックを使えば、現金に戻すことは簡単です。この方法を現金化と呼び、クレジットカードと組み合わせて、利用することでより多くの現金を手に入れることができるので覚えておきましょう。
 肝心の電子マネーで現金化をする方法ですが、2通り存在します。
 一つ目は、電子マネーで商品を購入して、換金ショップで現金に変えてもらうということです。このとき、商品はブランド品などの換金率が高いものが望ましいです。この方法を利用すれば、一度チャージしてしまったとしても、安心ですが、換金するとなると、手数料などで全額は戻らないので注意しましょう。
 二つ目は、商品を購入して返品をするという方法です。電子マネーを現金に戻せないのと同様に、一度利用した金額分の電子マネーをもう一度suicaなどのカードに戻すということはできません。そのため、お店側では、返品の際は現金を渡すしかないのです。この仕組みを利用すれば、先ほどの例とは違い、全額現金を受け取ることができます。

新しい電子マネーの現金化の在り方

 従来利用されていた電子マネーの現金化は手順が面倒であってり、何度も利用しにくいという問題がありました。しかし、最近は新しいタイプの電子マネーが登場したことで、より簡単に現金化を行うことができました。
 その電子マネーとはline payです。これは今ではコミュニケーションツールとして有名であるLINEが行なっているサービスで、これまでの電子マネーとは一味違ったものとなっています。
 現金化をする上でのline payの魅力としては、クレジットカードでチャージが簡単にできるということと、チャージした電子マネーを引き出せるという2つの点です。
 まず、一つ目は、従来の電子マネーの中にもクレジットカードと連携して、オートチャージというものがあるのであまり目新しいものではないと思われるかもしれません。しかし、line payのすごいところは、複数のカードを登録することができ、かつ一度登録すれば、再度カード番号などを入力せずに利用することができるということです。
 また、二つ目としては、チャージしても現金に戻すことができることです。これまでは、チャージした電子マネーは全額利用する必要がありましたが、line payでは状況に応じて、自分の口座に現金を戻すことができるのです。もちろん、手数料は少しばかりかかりますが、以前よりもスピード感を持って現金化をすることができます。
 最後に、line payを使った現金化までの簡単な流れですが、
 1クレジットカードでチャージ
 2チャージした電子マネーの銀行口座入金を依頼
3本人確認
 4手数料の自動支払い
 5現金化

といったものになります。手順としてはいくつかありましたが、実際はものの数分でできることなので、従来型の電子マネー現金化とは比べ物にならないくらい簡単になります。
 

まとめ

・電子マネーにはいくつか種類があり、代表的なものはsuicaやpasmoなどである。
・電子マネーの利用者と対応店は年々上昇しており、今後も利用価値が高まるkとが予想されます。
・従来型の電子マネーでは、チャージしたものを購入という手段で取り出してから、現金に変える必要がありました。
・line payではチャージした状態から、すぐに現金に戻すことができるのでとても便利です。

以上が従来型と新型の電子マネー現金化についてでした。現金化の方法はこれ以外にも沢山あるので、興味がある方は調べてみると良いでしょう。

アコムカードの現金化利用のススメ

mainimg_zero_01_chara01

消費者金融で有名なアコムですが、お金を貸しているだけではなく、クレジットカードも発行しています。クレジットカードの使い方としては、キャッシングと現金化の2通りに分けられますが、実際にはどちらの方がお得なのでしょうか? 今回は、アコムカードを利用した時の現金化・キャッシングの違いについて見ていこうと思います。

消費者金融とは

 まず、そもそも消費者金融とは一体どのような企業なのかについて説明をしていきましょう。
 消費者金融とは、個人への金銭貸し出しを主要な取引として行なっている金融機関のことであり、銀行と比較すると、融資の審査も通りやすいことが特徴として挙げられます。また、具体的な企業としては、アコム・アイフル・レイクなどがあり、大手の消費者金融は、銀行のグループ会社であることが多いです。
 銀行と消費者金融の大きな違いの一つとして、審査基準の厳しさがありますが、他には金利の優位性・総量規制があります。一般的に、銀行のローンの方が金利は低く設定されており、14.5%ほどですが、消費者金融の場合は18%となっています。また、借り入れを制限する総量規制というのが、銀行にはありません。総量規制の元では、年収の3分の1しか貸付をすることができないので、年収によっては、希望金額よりも借りることができないという状況が発生します。
 ここまでの情報だと、消費者金融にはあまり魅力を感じないように思えるかもしれませんが、消費者金融で借り入れを行った場合には、1ヶ月間の金利無料などのサービスを受けることができます。そのため、給料日前の借り入れなど、1ヶ月以内に返済ができる見込みがあるのであれば、負担なしで利用することができます。

キャッシングと現金化について

  先ほどお話した通り、アコムではアコムカードと呼ばれるクレジットカードを発行しています。このカードを利用することで、ショッピング・キャッシングだけでなく、現金化まですることができるので、とても便利なカードであると思います。
 それでは次に、キャッシングと現金化について話をしていきましょう。キャッシングとは、クレジットカードでお金を借りるサービスであり、消費者金融のローンを、審査なしで実行することができるといったイメージです。この機能を使えば、近くのATMから必要分の現金を引き出すことができるのでとても便利ではあります。しかし、欠点としては引き出す金額があまり多くないということです。確かに、ちょっとした買い物で、お金が必要になった場合であるならば、キャッシングでも問題はありませんが、金額が大きくなってくると、キャッシングでは不十分であると言えるでしょう。
 最後に現金化についてですが、こちらはクレジットカードのショッピング枠を活用して現金を引き出す方法です。現金の引き出し方にも、個人と業者の2通りがあり、別の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。現金化の良いところは、引き出せる金額の多さとスピードの速さです。ショッピング枠の限界が現金化の最大引き出し金額であるので、かなりの現金を得ることができます。

現金化のススメ

 キャッシングと現金化のどちらがいいのかと言われたら、現金化をオススメします。その理由としては返済にあります。
 現金化のメリットとして、引き出し金額の大きさとスピードをあげましたが、実は返済の仕方もとても魅力的なものがあります。
 具体的には、キャッシングや消費者金融での融資の場合は、返済方法は一括しか選ぶことができません。一方で、現金化の場合は、一括・分割・リボ払いの3つから選ぶことができるので、とても柔軟に返済プランを考えることができます。現金を借りて、消費するのはとても簡単ですが、返済するは非常に苦労する中で、現在の財政状況から返済方法を選択できるのはありがたいことではないかと思います。
 

まとめ

・最近の消費者金融では、クレジットカードの発行も行なっており、審査は通りやすいことが挙げられます。
・銀行でもお金を借りることはできますが、消費者金融よりも厳しい審査基準を求められます。
・キャッシングよりも現金化の方が、返済時が楽になります。

以上がアコムカードでの現金化を勧める理由についてでした。今回は、アコムカードについてのみでしたが、別の消費者金融でもクレジットカードを発行しているので、気になる人は調べてみると良いでしょう。

現金化業者があなたのクレジットカード情報を狙っています

クレジットカードの現金化というのは時代とともに便利になってきました。以前なら、実際に店舗に行くことや、電話でやり取りしなければならなかったために、今すぐお金が必要だった人にとってはわずらしいものであったと思います。しかし、現在ではネットで簡単に申し込むことができます。
 とても便利ではあるのですが、その便利さを逆手に取った業者もいるので注意しなければなりません。

悪用された実例

 現在ではインターネットで申し込めるサービスというのが増えて、私たちの生活はとても便利になりました。私たちは家にいながら、買い物や情報収集、お金の振り込むすらもできるようになったのです。特に、クレジットカードの現金化の申し込みが、ネット経由できるようになったので、審査から振込までスピード感を持って行うことができます。このサービスは銀行や消費者金融などの金融機関と比べても、これほど、ネットを有効活用したサービスはないといえるでしょう。
 しかし、そうした便利なサービスがあることをいいことに、現金化業者の中には、顧客の個人情報を悪用しようとする悪徳業者もいます。一度、悪徳業者に、情報を抜き取られてしまうと、電話・メールなどを通じて、勧誘がしつこくくることがあります。また、万が一カード情報を盗まれてしまうと、勝手に使われてしまったという可能性も十分に考えられます。加えて、悪徳業者は盗んだ個人情報を、悪用するだけでなく、他の業者に売りさばいたりすることもあります。
 そのため、被害は一度のみならず、複数回に渡って起こることが多いことが挙げられます。実施に、国民生活センターではそうした被害報告が多数寄せられ、毎年、被害件数が増えてきています。

現金化に必要なものとは

 クレジットカード情報などの個人情報が勝手に利用されてしまうのは非常に困ります。そこで、ここでは現金化にはどのようなものがあれば、十分なのかについて述べていこうと思います。
 
 現金化に必要なもの
・証明書(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)
・クレジットカード番号(ただし、暗証番号とセキュリティ番号は必要ありません。)
・振込口座番号

 現金化にはクレジットカードは必要ですが、カードの表側に表記されている番号のみで問題はありません。そのため、業者から暗証番号などを尋ねられても、教えないようにしましょう。

悪徳業者の手口

 個人情報の悪用による被害と、現金化に必要なものについて理解した上で、悪徳業者はどのようにして、私たちから個人情報を盗もうとしているのでしょうか?

 悪徳業者の特徴
・申し込み時に、現金化に必要なもの以上に情報を聞いてくる。
・申し込み時と契約時の内容が大きく異なる。
・キャンセルができない、又は脅してくる。
・他の業者を紹介してくる。

こういった行動が見られる業者にあってしまった場合は、即座に連絡を取るのをやめましょう。高い確率で悪徳業者です。仮にそのままやり取りを続けていたとしても、時間の無駄となってしまうだけです。
 今回は、申し込み時以降で判断できる悪徳業者の特徴だけを載せましたが、申し込み前に判断する方法もありますので、ぜひ別の記事を参考にしてみてください。

信頼できる業者を見つけよう

 信頼できる業者を見つけるためには、情報収集というのは必ず必要なものです。情報収集の方法としては、現金化業者のホームページ・口コミ比較サイトなどを徹底的に行うことで、業者リストの中から優良業者を見つけましょう。
 一番スタンダードな方法としてはホームページや比較サイトから、大まかに業者を分けた後に、換金率や業者の住所、事業歴など細かい情報から精査するのが良いかと思います。

まとめ

・個人情報の流失は、自身に致命的なダメージを受ける可能性があります
・現金化には、クレジットカードの暗証番号は必要ありません。
・現金化は契約前なら、違約金なしでキャンセル可能です。
・業者はしっかり調べてから、選びましょう。

以上が悪徳業者の手口とその被害例についてでした。 優良業者の選び方や特徴などについては別の記事に載せてあるので、ぜひ読んで見てください。
1f734ef4f7c8734687062d0b8d2a6c72_s

全国百貨店共通商品券使い方講座

8ab482b59b8b008ab9ba427496b504fd

 百貨店というと品質の良い商品がなんでも揃ってるというイメージがあります。商品を購入する場所として、とても便利ではある百貨店ですが、色々な商品があるので、同時にウィンドショッピングとしても楽しむことができます。ネットショップが普及した現在でも、商品は実際に手にとってから購入した胃という人もいるので、そうした人々にとって、百貨店は最高の場所だと思います。
 今回は、全国百貨店共通商品券の特徴と使いかたについて紹介していこうと思います。

全国百貨店共通商品券とは

 全国百貨店共通商品券とは、日本百貨店協会に加盟している百貨店・デパート・専門店で利用することができる商品券です。この商品券を利用すれば、天店内の商品は全て購入することができるので、百貨店によく買い物に出かける人にとっては嬉しい金券です。
 具体的にどの店舗で利用できるのか気になると思うので、いくつか見ていきましょう。
 
 利用可能店舗
  伊勢丹・パルコ・そごう・高島屋・西武・三越・松屋・渋谷ヒカリエ

 多くの場所で利用可能ではありますが、残念ながらイトーヨーカドは全国チェーン店で唯一利用できないそうです。

全国百貨店共通商品券の使い方

 百貨店というと伊勢丹や三越、高島屋など高級なイメージがあります。実際に、店内の置いてある商品というのも一級品が多く、手軽には購入しづらいです。しかし、一級品であるからこそ、利用価値は高く、良い素材を使っているため、とても長持ちします。また、贈り物としても、金額以上に気持ちを伝えることができます。
 また、普段お世話になっている人に何か形のあるものをプレゼントしたいけど、バックやアクセサリーは人の好みに左右されるから、決めきれないという時こそ、全国百貨店共通商品券は役に立ちます。現金だととても生々しくなってしまいますが、商品券を贈ることで、相手に感謝の気持ちが伝わりますし、相手も自分の欲しいものを購入することができます
 

全国百貨店共通商品券の別の方法で使う

 商品はデパート・百貨店に見に行くけど、実際に商品はネットで購入するという方がいると思います。ネットの方が価格自体は安いですが、洋服や靴などはサイズのズレがある可能性があるので、とても合理的な方法です。
 そんなな人にとっては、百貨店商品券はあまり魅力的ではないと思います。しかし、そんな方には金券ショップで換金をすることをお勧めします。百貨店商品券は百貨店やデパートならほとんどの店舗で利用できるので金券ショップの間では需要がとても高いです。
 気になる換金率ですが全国百貨店共通商品券は最大98.6%となっています。他にもデパート毎の商品券がありますが、換金率は種類によってバラバラなので、安定はしないことが弱みとなっています。

まとめ

・全国百貨店共通商品券は基本的に全国で利用できます。
・贈り物としては、百貨店商品券の汎用性が一番高いです。
・金券は商品を購入する以外にも、換金することで有効活用できます。

以上が全国百貨店共通商品券の特徴と使いかたについてでした。 この商品券以外にも利用用途が広い金券は様々あるので、気になる人は調べてみると面白いと思います。

amazonギフト券使い方講座

o0600040012816036141-1

 インターネットが普及してきたことで、私達の生活はとても便利になりました。例えば、ネットショッピングは店舗に行かなくても欲しい商品を購入することができるので、多くの人が使っていることでしょう。特にネットユーザーでamazonを利用していない人はいないと思います。また、Amazonでは1億種類以上の商品を取り扱っていると言われています。
 今回は大きなネットショップであるamazonのギフト券の特徴と使いかたについて紹介していこうとおもいます。

Amazonギフト券とは

Amazonギフト券とはamazonが発行する金券で、1億種類以上ある商品の買い物に利用することができます。種類としてはデジタルタイプと配送タイプの二つに分かれています。デジタルタイプは注文後すぐ利用可能で、Eメール・チャージ・印刷の3つから選ぶことができます。また、配送タイプは主にプレゼント用で、封筒タイプ・ボックスタイプ・グリーティングカードタイプなどから選ぶことができます。
 

Amazonギフト券の使い方

 Amazonギフト券は自分用にも、贈り物用としても利用することができる優れた金券です。贈り物としては、誕生日や出産祝いなどのイベントから普段の感謝の気持ちを伝えるような場面など幅広く活躍することができます。
 Amazonギフト券の特徴としては大きく3つあります。
 まず、金額が自由に設定することができる点です。他の金券だと、500円刻みであったりしますが、amazonギフト券だと15円から50万円まで選ぶことができます。そのため、設定した金額にメッセージを込めるなど、ちょっと変わったことができるかもしれません。
 次に、配送料が無料である点です。金券を配送してもらう時、通常は配送料や手数料がかかります。しかし、amazonでは買い物をする時と同様に、配送料がかからず、加えて、プライム会員の場合はお急ぎ便も無料となります。
 最後に、金券には珍しいクレジットカードで購入することができる点です。金券というのは一部を除いて、現金でしか金券を購入することができませんでした。しかし、amazondeha
カードでギフト券を購入したいという消費者のニーズを掴み、クレジットカード払いを可能にしました。Amazonギフト券があれば、欲しい商品はほぼ手に入るので、他の金券はもはや必要はないのではないでしょうか?

欲しいものが見つからない人のための使いかた

 ネットショッピングは基本しないという人やあまり物を買わないという人には利用範囲の広いamazonギフト券であっても、ほぼ無価値に等しいものとなってしまいます。家にギフト券を眠らしたままでは非常に勿体無いので、換金をして現金を得るという方法をお勧めします。
 金券を換金するとなると金券ショップを利用するのが一般的ですが、amazonギフト券の場合は事情が少し変わってきます。Amazonギフト券は最近、出てきた新しい金券であるため、金券ショップ二よっては取り扱いをしていないことがあります。また、amazonギフト券の価値を維持しているのは、カードやシートに記載されている番号であり、そのギフト券が本当に未使用なものかどうか確認することがすぐにはできません。これらの理由から、金券ショップで換金できる場所が限られてくるのです。
 最近では、オンラインショップで換金を実施しているサイトもあるようですが、サイトの運営元がはっきりしないこともあるため、安心して取引できるかどうかの見極めが難しいところです。

まとめ

・amazonでは1億種もの商品を取り扱っています。
・amazonギフト券は15円から50万円まで1円単位でギフト券を発行することができます。
・amazonギフト券は他の金券とは違って、クレジットカードで購入することができます。

以上がamazonギフト券の特徴と使い方についてでした。 Amazonギフト券はとても使い勝手の良い金券ですが、他にも様々な金券があるので、気になった方は調べてみてください。

図書券の使い方講座

tosyo500

子供の入学祝いやイベントの記念品として、もらうことが多いのが図書券や図書カードです。大学進学や資格試験、一般教養などの何かを学ぶ時に必ずと言って必要となるのが本の存在です。中には本好きのため、月に何冊も購入している人がいるとおもいます。知識を得る上でとても有益な本ですが、一冊の本だけでも結構な値段がするのが難点です。そんな時に、図書券をもらえたとしたら、とてもありがたいことでしょう。
 今回は、図書券の特徴と使いかたについて紹介していこうと思います。

図書券とは

 図書券及び図書カードは日本図書普及株式会社が発行する商品券です。種類としては2種類あります。一つが図書券という紙タイプで、一回しか利用することができません。一回で使いきれなかった分は、現金で残額を受け取ることができます。もう一つが図書カードNEXTと呼ばれるプリペイドタイプのカードです。有効期限は10年あり、利用残高がなくなるまで、繰り返し利用することができます。

図書券使い方

 図書カードはあらゆる場面のプレゼントとして非常に喜ばれます。例えば、
出産の記念や入学祝いなどがあります。その中でも、子供を持つ家庭の場合は、教育費として参考書代が結構かかるものなので、図書カードはとてもありがたいと思います。
 また、この会社ではオリジナル図書カードを作成するサービスを提供しています。そのため、イベント時の贈り物として、オリジナルのカードをプレゼントすることで、忘れられない思い出となるでしょう。例えば、両親にお世話になってきたものの、感謝の気持ちを伝える機会がなかった人は、父の日や母の日の贈り物として、オリジナルカードを作成してみてはいかがでしょうか。
 一方で、完全にオリジナルでなくて、一部だけデザインをしたいという方もいらっしゃると思います。そんな方には、数ある決まったデザインの中から、好きなものを選び、メッセージを添えることもできます。会社の創設記念日など、複数の人に贈る品物としては最適ではないかと思います。

本をあまり読まれない方向け活用方法

 本は読まないけど、会社のイベントで図書カードをもらってしまった人や資料を請求したら図書カードがついてきたという人が中にはいると思います。
 本を読まないのでは、図書カードはほとんど役立たずで終わってしまいます。そんな時は、金券ショップに換金することをお勧めします。実は図書カードというのは、金券の中でもとても需要が高く、安定して高い換金率を誇っているのです。なぜなら、図書カードというのは、贈り物としては最も無難で、汎用性が高いことが挙げられます。そのため、金券ショップで大量に購入する人が多く、金券ショップでは常に図書カードが不足気味になっているのです。
 肝心の換金率ですが88~95.2%とデザインや金額によって、換金率にばらつきがあるようです。もし、換金を考えている場合は、事前にネットなどで換金率を確認してみると良いでしょう。

まとめ

・図書カードはどのようなイベントでも贈り物として使いやすいです。
・図書カードはオリジナルのものやメッセージを添えることができます。
・図書カードの需要は高いので、高い換金率で現金を得ることができます。

以上が図書券及び図書カードの特徴と使いかたについででした。 図書カードの他にも様々な種類の金券があるので、興味を持った方はぜひ探してみてください。