未分類

貸金業法と現金化業者って関係あるの?

2d4895ccc7d62723181cb07736f3ad27_s

クレジットカード現金化業者というのは消費者金融などの貸金業者ではないので、貸金関連の法律には影響を受けないというようなイメージがあります。しかし、貸金業法が改正したことで、現金化業者は実は増加していたのです。なぜこのようなことが起こったのでしょうか?

貸金業法で改正された部分

 まずは、貸金業法のどの部分が変更されたかについて見ていきましょう。変更されたのは総量規制と上限金利の引き下げです。これまで、金利にはグレーゾーン金利というものがあり、消費者金融はその範囲で融資を行うことが多かったようです。その原因となった法律は、利息制限法と出資法でそれぞれ上限金利が異なることから、その間の金利をグレーゾーン金利と呼びました。改正前は、やや高めであるグレーゾーン金利に加えて、審査基準の緩さから、多重債務者が増加し、問題となっていました。
 しかし、法律改正されることで、法定金利の上限が下がるとともに、消費者金融は確実に利用者から金利を得るために、審査基準というのを厳しくしました。 
 それによって、現在では消費者金融の審査通過率はおよそ3割程度で、審査が緩いとされる業者であっても5割に満たないという状況になりました。
 また、総量規制という年収の3分の1以上の貸付をしてはいけないという規制も、利用者が消費者金融を利用しづらくなる原因でした。これによって、以前よりも、融資が可能な金額が減り、十分な資金を集めることができなくなりました。
 

なぜ現金化業者は増加したの?

 利用者の数は変わらないのに、利用可能な枠と審査基準が厳しくなってしまっては、比較的お金に余裕がある人しか消費者金融を利用することはできません。お金に困っているから融資が必要であるのに、それでは本末転倒です。
 一方で、クレジットカードの現金化というのは個人でできることから、融資を受けることができなかった利用者によるニーズが高まりつつあります。現金化には審査も複雑な手続きも不要であるため、ショッピング枠に余裕があれば、誰でも利用することができるのはとても便利ですよね。
 現金化業者を利用すれば、さらに周りの人やカード会社にバレてしまうというリスクも低減することができるのでさらに有用性は高まってきています。
 消費者金融や銀行からの融資が難しくなり、現金化のニーズが高まってきたことによって、現金化業者というのが急増しました。

悪徳な業者に注意しよう

 現金化業者が増え、利用者の選択の幅が広がってきたのは良いことですが、業者に申し込みをする上で悪質な業者には注意しなければなりません。悪質な業者というのはどの業界にいるものですが、別の業界だと、利用者の間で情報が広まりやすいので、そういった業者というのは遅かれ早かれ駆逐されていきます。しかし、現金化業界というのは利用者による横の繋がりというのはほぼなく、情報が業者に偏ってしまうというアンバランスな構造をしています。それゆえに、悪質な業者によって、利用者が騙されてしまうということがたまに発生します
 もし悪徳な業者に捕まってしまうと、あの手この手で利用者の個人情報やら現金やらを搾り取ろうとしてきます、加えて、そのような業者はヤミ金などと関係を持っている可能性が十分にあるので、被害が甚大になってしまうことでしょう。
 そのため、利用者は現金化業者を通して、現金化をする前に最低限の知識や悪質な業者の手口というのを知っていなければなりません。

まとめ

・貸金業法改正以前は、グレーゾーン金利というのが問題であり、審査基準の緩さから多重債務者になってしまう利用者が多かった。
・貸金業法の改正によって、融資に年収による貸し出し制限と法定金利の引き下げが、利用者にとって重荷になってしまった。
・貸金業法改正後、現金化の需要が高まってきたことで、現金化業者が急増してきた。

以上が貸金業法と現金化業者の関係についてでした。現金化というのは利用はしやすいですが、注意をしていなければ足元を救われかねないので気をつけましょう。

少額利用なら1万から利用できる現金化

4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s

年末年始の飲み会や旅行など、人生のイベントでお金を使いすぎてしまうことがあります。それは普段お金を使わない人であっても、こういった行事の時は多額のお金を消費してしまいます。

少しだけお金が欲しいという時は

 いざという時や、今月厳しくなりそうだという時に1万円など少額でも手元にあれば、精神的に安心できるものです。しかし、安心感のために、友達に借りるのも気がひけるし、ましてや高い利子や手数料を支払ってまで、消費者金融・キャッシングを利用したくはないと思うことでしょう。加えて、資格取得の予備校に通うために30万円ほど必要というような正当な理由があれば良いですが、1万円だけ借りるとなるとまるで生活に困っているみたいでなんだか嫌ですよね。
 そんな時はクレジットカードの現金化がオススメです。これはカードに付随しているショッピング枠を利用した現金を即座に得る方法です。方法としては、個人と業者の2通りありますが、換金率を取るならば個人・スピードと低リスクを取るならば、業者と目的によって異なってきますので、自身がどちらにあるのかしっかりと見極めましょう。

現金化するのにはどのような条件が必須?

 現金化をする上で、クレジットカードを所持していることは前提条件となります。その上で、ショッピング枠に現金化に必要な額分の余裕があることが求められます。この枠に余裕がない人は、限度額の一時増額や増額サービスをカード会社に申し込みことによって、現金化に必要な枠を獲得するようにしましょう。
 しかし、そうした増額の申し込みには一週間程度の審査期間があるので、申し込んだからといって、すぐに利用枠が増えるというわけではないので気をつけましょう。もし、現金化をすぐにしたいのであれば、利用枠に余裕がある別のクレジットカードを使用するか、即日発行可能なカードに申し込みをするなどの対処法で乗り切るようにしましょう。
 また、業者利用の場合は、本人証明書と振込口座番号が必要となりますので、利用する際は事前に準備しておきましょう。

1万円を現金化するならどちらがお得?

 利用する上で、一番の気になるポイントは、やはりどれだけ換金率が高いかという点に尽きるでしょう。 現金化では100%の換金率となることは滅多にありませんが、できるだけ高い方が良いことは明白です。それでは個人と業者で換金率を比較していきましょう。

 個人の現金化だと、購入した商品・換金するときの流行によって換金率が左右されるといっても過言ではありません。安定して換金率が高いものとしては、新幹線回数券や金券ですが、それでも区間や種類によって、換金率のばらつきがあります。一方で、換金率の変化が激しいものとしては、ブランド品やゲームなどが挙げられます。発売直後に売れば、現金を多く手にすることができても、数ヶ月立った後では、換金率が大幅に下がってしまうということがあります。しかし、中には数量限定のプレミア品や絶版となって商品もあるので、そうした商品は購入額の数倍で取引されることが多く、換金率も非常に高いものとなります。

 一方で業者の場合だと、少額利用での現金化というのは、あまり換金率は高くはありません。それでも、現金化業者のメリットを挙げるとすれば、個人での現金化の手間である商品を購入・換金という過程がなくなるということです。個人の場合ですと、現金化をする時間帯によっては、即日は不可能になってしますが、業者だと最短で5分ほどで完了することがあります。また、少額利用をして、実績を作っておくことで、次回業者を利用する際に、優遇されることがあります。そういった意味では、多少換金率が低くても、現金化業者の方が利用価値は高いのではないかと思います。

まとめ

・出費が激しいシーズンは現金化で乗り切りましょう
・現金化は少額での利用も可能です。
・ショッピング枠に余裕がない時は、一時増額の利用をしましょう。
・個人と業者での現金化を比べてみたら、業者の方が将来的にメリットが大きいです。

以上が1万円からの少額利用なら現金化がおすすめの理由でした。少額での現金化業者利用というのは、騙された時のリスク回避にも役立つので、お財布に余裕があるうちに色々と試してみましょう。

クレジットカード現金化を考えたときのメリット

fffcdbc7875388180a1d4a63f7b12fd4_s

消費者金融や銀行での融資を考えている人はちょっと待ってください。融資は誰でも受けることができる訳でありません。新規利用者の半数が落ちる審査に通過しなければならないのです。もし融資を期待して、審査に落ちてしまたら、せっかくの時間が無駄になってしまうばかりか、お金により困った状況に陥ってしまいます。

現金化とは

 まずは現金化について理解をしていきましょう。現金化にはクレジットカードを利用し、現金化の条件としてカードのショッピング枠に余裕があることが重要となります。また、現金に可能な額は、ショッピング枠の残額に依存し、支払いも通常のカード返済と変わりません。
 方法としては、個人と業者の二種類に分かれています。個人だと得られる現金は多いですが、カード停止などのリスクが高くなるため、高額・多頻度の利用には向きません。一方で、現金化業者を利用すると、還元率は少し低くなってしまうものの、リスクというのをほぼゼロにして現金化することができます。 

現金化のメリットとは

 現金化について簡単に理解してもらったところで、現金化のメリットについて見ていきましょう。

 まず、現金化は誰でも利用可能であるという点です。消費者金融や銀行の場合だと、融資を申し込むのには条件を満たさなければならず、また申し込み後の審査に通る必要があります。また、やっと審査に通ったとしても、希望通りの金額を受け取れるとは限りません。一方で、現金化の場合だと、クレジットカードを所持して入れば、主婦・フリーター・学生などの収入が不安定な層であっても現金を得ることができます。
 次に、現金化はどの方法よりもスピードが早いという点です。融資となると審査に時間がかかるため、必要な時にすぐに現金を手にするということはできません。しかし、現金化業者ならば、申し込みから契約までの手続きも早くかつ入金が即時でされるため、緊急でお金が欲しい人にはうってつけといって良いでしょう。
 最後に柔軟な返済方法があるという点です。カードローンやキャッシングだと、一括かリボ払いという選択肢しかありません。一括で返済できれば、手数料はそれほどかかりませんが、リボ払いとなると長期的になればなるほど、かかるコストが増えていきます。それに対して、現金化だとショッピング枠の返済方法と変わらないので、一括・分割・リボの3つから選ぶことができます。加えて、それぞれの支払い方法を途中で変更することが可能なので、自身の財政状況に合わせた無理のない返済計画を立てることができます。

利用のしすぎに注意

 現金化は利用が簡単すぎる故に、お金を使っている感覚があまりしません。そのため、現金化を利用するときは、どのような目的で利用するのかやその金額は本当に必要な分であるのかなど、しっかりお金の使いかたをイメージしていく必要があります。事前にこのように利用計画を立てていくことで、返済も無理なくすることができるのです。

まとめ

・消費者金融での融資は簡単に受けられるものではありません。
・現金化はクレジットカードがあれば誰でも利用することができます。
・現金化する際には、事前に利用と返済の計画を立てることが重要です。

以上がクレジットカード現金化のメリットについてでした。現金化は利用と返済のバランスを考えることで、無駄な出費を省くことになりますので、覚えておきましょう。

クレジットカード現金化の還元率について考えてみた

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

クレジットカードを使った現金化にはいくつか方法がありますが、利用者としては手間が少なくてどれだけ高い還元率を得られるかが重要であると思います。確かに、還元率が高くても、現金化までの時間がかかり過ぎてしまっていたら、コスパがよくないです。しかし、だからと言ってスピード現金化を重視し過ぎて、還元率が低くなっては意味がないと思います。

コストゼロでは現金は得られない

 融資や現金化など現金を手にするような場面において、費用が全くかからずに行えるということはほぼありません。例えば、銀行や消費者金融での融資は、どの業者に申し込むにしても金利というのがかかります。また、高還元率で知られている個人での現金化も、換金するときに手数料がかかります。また、友達同士での貸し借りなら無料でできると思いがちですが、お金を返すときにご飯を奢るなどの何かしらのお礼をする場合が多いと思うので、実質的にはコストがかかっています。
 つまり、現金を得るためには、それ相応のコストを支払わなければならず、どのような手段であっても100%の還元率はあり得ないのです。そのため、お金を得るためには、どのような方法で行うのが、一番コストパフォーマンスが良いかを考えた上で行う必要があります。

現金を得る方法を見比べてみよう

 現金を得る方法というのは数多くあり、それぞれ還元率やリスク、スピードなど様々な面で異なってきます。どのようなものがあるのかについて簡単にみていきましょう。

 現金取得の手段一覧
・銀行・消費者金融での融資
・個人での現金化
・業者での現金化
・ヤミ金

 が主な現金を得るための方法となります。 それぞれ簡単にみていきましょう。

個人・業者での現金化

 まずは現金化についてみていきましょう。個人での現金化の場合だと、還元率は現金を得る方法の中で一番高い水準となります。換金性の高い商品の代表例としては、新幹線回数券です。人気の高い区間となると95%の換金率に程度になります。金券は比較的、還元率が高い傾向にあるのですが、新幹線回数券ほど安定しているものはありません。一方で、個人だと多額・多用ができないのがデメリット隣、もし使い過ぎてしまうとカード停止のリスクを背負うことになります。
 また、業者での現金化では還元率は個人には劣りますが、より多くの現金を得ることができかつバレにくいというリスク回避をすることができます。加えて、個人の時より現金化に到るまでのプロセスが短縮されているため、すぐに現金を手にすることができます。
 コスパの面で考えた場合だと、業者に頼んだ方がお得であると言って良いと思います。

消費者金融との比較

 次に現金化と消費者金融で比較していきましょう。
 消費者金融で融資を受ける場合の金利は年利15-20%となります。10万円を一年間借りたら、2万円が金利となるため、還元率にすると83%となります。また、融資を受けるには審査に合格する必要があり、新規利用者の通過率は50%ほどとなっています。申し込んだからと言って必ず融資を受けることができるわけではなく、落ちるということもあるのです。そのため、消費者金融で融資を受けようと考えている場合は、期間に余裕を持って2−3社に申し込むつもりでいなければなりません。
 加えて、審査にはある程度時間がかかるため、現金が今すぐ欲しいという人にはあまり向かないサービスとなっていますし、審査の基準もやや厳しめと言われています。

現金化は実質還元率で見よう

 業者での現金化と消費者金融での融資を比較して見ると、還元率は両方とも同じくらいか、やや現金化業者の方か低いため、消費者金融の方がメリットがあるように感じます。しかし、現金化の場合だと、クレジットカードを利用するので、カードのポイント還元率を合わせると消費者金融の還元率を容易に超えるということがあります。
 そのため、還元率の良いカードで現金化をすることで、還元率が高く、現金化までのスピードが早いという両方のメリットを享受することが可能となるのです。

ヤミ金は絶対に使わないこと

 現金を得る方法の禁じ手として、ヤミ金がありますが、絶対に手を出してはいけません。ヤミ金に手をだす人の特徴としては2つあり、一つは多重債務者で手段が選べない人。もう一つが現金化できる条件が揃っているのに、現金化を知らないからヤミ金に手を出してしまう人です。前者については、もう手に施し方がありませんが、後者がヤミ金に手を出してしまうと、前者のような多重債務者に陥ってしまう可能性が高くなります。多重債務者のほとんどが、借金を返せずに、自己破産となってしまうパターンがほとんどです。

まとめ

・お金を得るためには、何らかのコストがかかります
・消費者金融での融資は、想像以上に手間がかかり、かつ必ずしも実行できるとは限りません。
・現金化は業者を利用することで、効率的に現金を手に入れることができます。

以上がクレジットカード現金化の還元率についてでした。前述した通り、ヤミ金に手を出す前に、しっかりとお金の管理をするように心がけましょう。

アマゾンギフト券現金化業者を知ろう!

o0600040012816036141-1

Amazonはネットで買い物をする上でとても便利なサイトです。欲しい商品の条件を検索すれば、いくつか候補が出てきますし、同じ商品でも最安値のものを見つけることができます。支払いもクレジットカードやアマゾンギフト券を使えば、決済は簡単です。今回はアマゾンギフト券を利用して、現金を手に入れる方法とリスクについて見ていきましょう。

アマゾンギフト券は使い勝手が良い

 金券と一言で言っても様々なタイプのものがありまが、アマゾンギフト券はその中でも一番汎用性が高いと言っても過言ではありません。Amazonなら取扱商品は1億を超えているので、欲しい商品はほぼ手に入りますし、アマゾンプライム会員であれば、次の日には手元に商品が届きます。
 また友人や家族へのプレゼントにも活用することができます。“何を送って良いかわからない、現金だと味気がない“という方は、アマゾンギフト券を贈れば喜ばれることは間違いありません。
 そんな使い道が広いアマゾンギフト券ですが、別の使い道もあります。もしあなたが現金に困っているのであれば、アマゾンギフト券を活用して現金に換えましょう。ギフト券はクレジットカードを使えば、購入することができるので手持ちの現金が少なくて困っているという人にはとても便利なテクニックではないかと思います。ちなみにこの裏技のことをクレジットカードの現金化と呼ばれており、他にも様々な現金化方法が存在します。

アマゾンギフト現金化方法とリスク

 ではアマゾンギフト券を使った現金化はどのようにして行うことができるか簡単に見ていきましょう。

手順(個人)
1:現金化したい金額を決めて、アマゾンギフトを公式サイトで注文する。
2:クレジットカードで決済をする
3:アマゾンのサイトで換金性が高い商品を購入する
4:換金ショップで商品を換金する

手順(業者)
1:現金化したい金額を決めて、アマゾンギフトを公式サイトで注文する。
2:クレジットカードで決済をする
3:アマゾンギフト券買取業者で換金する

 個人の場合だと、一般的なショッピング枠の現金化と方法はほとんど変わりません。金券というのはこれまでカード購入できる種類が少なかったので、現金化には向きませんでした。しかし、アマゾンギフト券の登場によって、カードでの金券購入が可能になりました。そのため、現金化の方法に金券での現金化が新たに加わることとなったのです。
 一方で、業者の場合だと途中までは個人と方法は変わりませんが、換金する商品を購入して換金するという手間を省くことができます。還元率は業者を挟んでいるため、少し低くなりますが、スピーディで現金化できるのが利点となります。
 アマゾンギフト券での現金化は非常に便利で、有用性が高いように思えますが、実は大きな落とし穴があります。それは利用しすぎるとカード停止の可能性が高くなることです。クレジットカード会社は時たま、換金性の高い商品を購入している人を現金化目的と警戒しており、カード停止や確認電話をすることがあります。そのため、頻度の高い利用はリスクが高いのです。もしカードを停止されてしまたら、カード会社に何かしらの正当な理由を説明すればすぐに停止解除してくれます。

業者利用は楽だが気をつけて

 個人での現金化は踏まなければいけない手順が多いので、とても面倒です。そんなときには業者を利用するのがオススメですが、業者選びで還元率が大きく異なってきたり、最悪の場合はだまさせてしまう時があるので気をつけなければなりません。
 アマゾンギフト券買取業者とのやり取りはネットが中心になりますので、グギフト番号を業者に伝えて、現金化することになります。
 この時注意しておきたいのが、悪徳な業者と取引してしまうと何かにつけて還元率を下げてくるということです。
 その一例としては、細かい利用規約の中に低い還元率を書いているという手口です。利用者は現金が必要な状況に迫られていますから、利用規約というのを読んでいるようで、内容はあまり確認していないことが多いです。その利用者の心理を悪用して、還元率を下げる口実にしているのです。現金が利用者の口座に振り込まれた段階では取引はすでに完了していますから、騙されてしまうと泣き寝入り以外に方法はありません。
 

まとめ

・amazonギフト券は金券の中で一番利用価値が高く、現金化の際にも活用することができます。
・個人と業者の場合だと、業者の方がスピードが早く、リスクも低くなります。
・業者を利用するときは、利用規約などの細かい注意事項もしっかり確認しましょう。

以上がアマゾンギフト券現金化業者についてでした。ネットでの取引は手軽で便利ですが、一歩間違えると思わぬ事故に繋がることがありますので、現金化利用の際は気をつけましょう。

あなたが知らない本当の換金率

2d4895ccc7d62723181cb07736f3ad27_s

現金化で一番きになるのがどれくらいの還元率で取引ができるかということです。還元率というのは1%の差でも、金額が大きくなればなるほどその差は大きくなります。しかし、現金化というのは意外とコストとリスクがかかるものです。そのため、還元率の上限には限界があるのです。

現金化でかかるコストはどれくらい?

 利用者として、現金化にどれくらいのコストがかかるかについて知っておくことはかなり重要なこととなります。なぜなら、還元率から業者が優良かどうかを判断することができるからです。
 まず、現金化というのは手間が結構かかっているということについて知っておきましょう。利用者側から見れば、短い時間で現金を手にすることができるので、簡単なように見えます。しかし、それは業者がスムーズに現金化できるだけの準備をしっかりしているからです。
 現金化には、クレジットカードの決済という手続きが必ず必要になりますが、この業務を担っているのが決済代行会社です。この会社は現金化業者ではなく、カード会社から決済業務の許可を受けた代理店です。ここからわかるように決済というのは、誰でもできるわけではありません。決済が無制限でできてしまっては、犯罪に利用されてしまう可能性が高くなるので、きちんと届出をして、許可をもらう必要があるのです。
 加えて、決済というのは無料ではなく、一回決済をすることに手数料というのをカード会社に支払わなければなりません。その決済手数料というのも、利用額に応じて決まっています。しかし、一円でも利用したら手数料が発生するため、金額によっては、業者側が損をするということもしばしばあります。
 そのため、現金化には決済代行会社の協力が必要不可欠なので、現金化業者は代行会社に対して、報酬金を含めた手数料分を支払う必要があります。
 さらに現金化業者がかかるコストとしては、人件費・事務所賃料などの必要経費があります。
 そのため、現金化にはある程度の必要コストがかかってしまうために、還元率というのは個人で行った時よりも低く出てしまうのです。もちろん、それだけの費用をかけていますから、カード会社にバレるということはほぼ無くなるので、利用者のメリットは大きいです。

カード現金化の換金相場とは

 現金化に一定のコストがかかるということをわかってもらったところで、クレジットカードカード現金化の換金相場というのを理解しておきましょう。相場を知っておくメリットは、既にお伝えしましたが、業者の良し悪しを判断するためです。換金相場を知っておけさえいれば、業者が相場からかけ離れた還元率を提示してきたら、すぐに疑うことができます。
 現金化を利用する人は、平均して15~20万円を現金にする人が多いようです。クレジットカードのショッピング枠は15万円前後に設定されていることが多く、そこから、利用者の収入によって段階的に上がっていきます。それゆえに、初期枠文を目安に、利用することがほとんどなのです。
 気になる還元率ですが、80%が相場のようです。業者によっては多少前後しますが、90%などの高還元率で現金化をやってくれるという業者はいません。キャンペーンを実施している業者であっても、せいぜい85%といったところでしょうか。
 申し込む際には、業者に現金化したい金額での還元率はどれくらいになるかを確認しておくことをお勧めします。

高還元率は誇大広告である

 現金化をしようと考えている利用者は、ほぼネットで業者を探します。そのため、現金化業者はネットに掲載している還元率を少し高めに設定していることがあります。しかし、あまりに高い還元率というのは通常の現金化だとかなり難しいです。もし、100万円などの大金で、現金化を行えば、高い還元率を期待することができますが、15万円程度では業者側が損をしてしまいます。このような高還元率を売りにしている業者は、誇大広告を行い、利用者を集めようと考えている悪徳なものの可能性が高いです。そのため、異常に高い還元率をネットで見つけた場合は、注意しなければなりません。
 

まとめ

・現金化には意外とコストと手間がかかります。
・現金化には決済代行会社の協力が必要不可欠ですが、カード会社にバレるリスクは低くなります
・高すぎる還元率は業者側にメリットはありませんので、注意しましょう。

以上があなたが知らない本当の還元率でした。還元率というのは相場を理解していなければ、かなり低い還元率で取引しようとしてくる業者もいるので注意しましょう。

法人カードで現金化ってできるの?

e975fda9f4663a70b6cb64e2e475f407_s

クレジットカードの現金化といえば、個人名義のカードで行うのが通常の方法です。しかし、個人名義以外にもカードには法人カードがあり、これは会社名義と個人事業主の方が利用することができます。

法人カードを持つには?

 法人カードは会社から支給される場合は所持するのが簡単ですが、個人事業主が所持するにはいくつかの手続きが必要となります。

 法人カードを作成する上で必要となるもの
・法人名義の銀行口座
・履歴事項の証明書
・印鑑登録証明書
・代表者の本人確認書類

などが必須となる書類です。その後、発行したいカードに申し込みをし、審査に通過すれば、カードを持つことができます。

法人カードのメリット

 法人カードを利用する一番のメリットが、経費の支払いに利用できることです。出張などで飛行機などを利用する人も多いかと思いますが、個人名義のカードで会社の経費を支払うことは実はできません。カード会社によっては、規約違反としてカード利用を停止させられてしまうことがありますので注意しましょう。
 そのため、会社の経費をクレジットカードで支払う機会が多い人は法人カードを持つことをお勧めします。法人カードであれば、経費目的を前提に作られていますから、利用の仕方でカードを停められるということはありません。例えば、新幹線回数券を個人購入するとカード利用を停止させられることがしばしば起こりますが、法人カードなら出張の経費であるとされます。
 また、法人カードを利用することによって、経理処理の手間を省くことができます。
 会社の経費というのは個人が費用を肩代わりして、会社に領収書などの書類を提出することによって、処理が行われます。もし、個人カードで経費を支払っていたとしたら、私用で利用したものと分けて書類を提出しなければならないので非常に面倒です。一方で、法人カードならば、経費と個人利用のものを分けることができかつ、会社側に利用した金額が自動で共有されるので、経理処理がとても楽になります。

サラリーマンでも持てるの?

 法人カードと呼ばれているくらいですから、サラリーマンなどの雇われている身分だと所持することができないのではないかと思われます。確かに昔では、法人カードはあまり浸透していなかったために、サラリーマンの所持はほぼ不可能でした。しかし、最近では法人カードの定義が崩れは閉めてきており、個人でも発行することができるようになってきました。そのため、ビジネス利用目的であれば、法人カードを個人で作ることは可能なのです。

お金が必要になったら現金化を利用しよう!

 個人事業主で資金繰りや一時的な費用の支払いに困ってしまったら現金化の利用をおすすめします。現金化とはショッピング枠を利用した現金化取得方法で、主に主婦や若い社会人などの個人で利用されています。
 個人で行う場合だと、カード会社にバレやすく、カード停止などの可能性がありますので、あまり多用はできません。
 しかし、法人カードの場合だと別になります。法人カードでは個人では購入はしないような商品を利用したり、出張のために交通費が多額にかかったりと、個人名義のカードで利用していたらカード停止になり得るような利用をしています。それでも法人カードでなら全て経費やビジネス目的であるという理由で、カード会社からペナルティを受けることはありません。
 それを逆手にとって、法人カードで現金化をすることによって、より安全に現金を手にすることができるのです。加えて、現金化業者を利用すれば、現金化リスクというのはほぼゼロになるため、安心して資金調達をすることができます。

まとめ

・法人カードは個人事業や会社から支給されることによって、所持することができます。
・サラリーマンでも経費目的を理由にすれば、法人カードを発行することができます。
・現金化の利用だと、法人カードはリスクが低くなるのでお勧めです。

以上が法人カードで現金化ってできるの?についてでした。別の記事ではオススメの法人カードなどを紹介していますのでぜひ参考までに見てください。

融資を断られてしまった時に役立つ知識

4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s

“予定外の出費が重なってしまったために、お金の融資を申し込んだけど、審査に通らずに断れてしまった“人や”審査の結果を待つ時間はない“という人がいるかと思います。今回はそんな人向けに、役立つ知識というのをお伝えしたいと思います。

融資の審査に落ちてしまう理由

 お金が必要なのに、なかなか審査に通ることができないので、困っている人がいるかと思いますが、なぜ審査に落ちてしまうのでしょうか?

 融資を断られしまう理由としては、
  ・総量規制に近い額を借りている
  ・個人のクレジット信用が汚れている
  ・過去に何らかの支払い延滞経験がある
  ・現在、別の業者からも借りている
  ・職業柄、収入が安定しない

このような原因が考えられます。他にもキャッシング会社が独自に定められている基準を満たしていないと、融資を受けることができません。

信用情報は融資の審査に大きく影響する

 金融機関が申込者に融資するかどうかを判断する材料の一つとして、信用情報があります。これは、申込者のこれまでの支払いの履歴がどのようなものであったかを表すもので、この情報の中には携帯電話の支払い歴・クレジットカードやローンの延滞履歴など支払いに関するあらゆる履歴が詰まっています。
 また、消費者金融やローンへの申し込みも信用情報として、登録されており、それらのすべての情報は信用情報機関を通じて、関係会社に共有されています。そのため、初めて利用する会社のカード発行や融資を申し込んだのに、審査に落ちてしまうというのは、信用情報を共有していることから起こることなのです。
 加えて、審査に落ちてしまったという事実は、別の審査を受ける時に大きな悪影響をもたらす可能性があるので、むやみに申し込むのは控えた方が良いかと思います。ある程度信用情報が低くても、審査に通る会社であっても、連続審査落ちという情報のせいで、通らなくなってしまうということは十分に考えられます。

総量規制という法律のせいで借りれないのかも

 支払いの延滞もないし、審査に落ちたこともなかったのに、今回初めて審査に通らなかったという人は、法律による規制が原因かもしれません。金融機関は信用情報を元に、融資を決定しますが、中には優良利用者であっても、お金を貸すことができないということがあります。
 その原因となっているのが、総量規制というもので、これは昨年度の年収の3分の1までしか、お金を融資してはいけないという法律になります。そのため、今年の年収がいかに高くなろうと、去年の年収をベースに融資限度額が決まってしまっているので、金融機関は限度額以上の融資をすることができません。もし、規制に違反してしまったら、利用者側には罰則はありませんが、融資側の金融機関が厳しい罰受けなければならないため、どの機関も規制を破るようなことはしないでしょう。

合法的にお金を借りる方法とは

 そうはいっても、お金がなければどうしようもならないという状況においては、総量規制というのは邪魔な法律以外の何物でもありません。そんな時は総量規制の対象外であるクレジットカードの現金化があります。
 これは金融機関で行われているような融資ではないため、法律の縛りを受けることはなく、かつヤミ金のような法外な金利を要求されることもないので、とても使い勝手が良いのではないかと思います。
 方法としては、クレジットカードのショッピング枠の範囲で、現金にしたい額を選び、個人か業者で行うということが一般的です。どちらも、メリット・デメリットはありますが、リスクという側面で捉えた場合は現金化業者の方が安心ではあります。

まとめ

・融資に落ちるにはいくつか理由があるため、どのような理由で融資を受けられなくなってしまっているのか分析することが必要です。
・優良利用者であっても、法律の規制によって融資を断られてしまうこともあります。
・申し込みを複数することは、自身の信用情報を傷つけてしまうことがあるのでやめましょう。

以上が融資を断られてしまう理由となります。総量規制というのはとても厄介な法律ですが、利用者が破産してしまうことを防ぐために存在しているので、自分自身でうまく調整していくしかありません。

クレジットカード現金化の審査って実際どうなの?

3dcda2e40ab22fe60d8bef431a16d1e0_s

クレジットカードショッピング枠の現金化の審査は厳しくないか? |
審査が面倒、信用情報に載りたくない、そんな人は現金化
現金化するのに来店・審査不要ってどういうこと?
クレジットカード現金化は審査・来店不要で金銭工面が可能
審査もなくネットで完結するのが現金化のよいところ^^

審査や手続きが面倒だから、クレジットカードの現金化を利用したいけど、よく調べてみたら、こっちも審査があるから利用を迷っているという人が中にはいるかと思います。現金化には確かに審査はあります。しかし、それは消費者金融ほど複雑なものではなく、即座に終わるようなものが多いです。

消費者金融での審査難易度はどれくらい

 クレジットカード現金化の審査が比較的通りやすいということについて触れる前に、一般的な消費者金融の審査基準や手続きがどのようなものであるかについて知っていきましょう。
 
 まず提出が必要な書類ですが、
 
・本人確認書類(運転免許証・パスポート・公的証明書類)
 *現住所と記載住所が異なる場合は、公共料金の領収書などを追加で提出
・収入証明書(源泉徴収票・確定申告書・所得証明書・給与明細書から一点)
 *給与明細は直近2ヶ月分が必要

 の2点が必要となります。本人を証明する書類が必要なのは当然ですが、一定の収入を証明する書類が2ヶ月分も必要なのは面倒ですね。

 次に、必要な手続きですが、
  申し込み → 審査 → 融資という流れになります。

 それぞれの手続きについて詳しくみていくと
 申し込みはネットで24時間対応しており、事前に借入可能かの診断サービスを利用することができます。申し込み後は、必要書類を郵送またはメール、faxで提出します
 手続きを終えたら、いよいよ審査となります。審査が終了次第、指定した連絡先に結果が通知されることになります。
 審査を通過すれば、申し込み金額分の現金が、口座に振り込まれることになります。

 消費者金融で融資を受けるには、必要なものを集めたり、いくつかの手順を踏まなければならないので少し面倒ですね。
 

現金化は審査に通りやすい

 消費者金融の申し込みで、収入を証明する書類を求められるということを、お伝えしました。なぜこの書類が必要であるのかというと、一定した収入がなければ、審査に通ることができないということを表しているのです。そのため、安定した収入を得られる職業でなければ、融資のハードルというのは高くなります。もちろん、フリーターやパートでも、ある程度収入があり、申し込み額が少ないと審査に通ることはありますが、可能性は低いです。
 一方で、クレジットカード現金化業者では、審査というのが簡単で、収入によるふるい落としもありません。これは、現金化業者が貸金業ではないからできる方法です。貸金業だと、利用者が返済するときに手数料をもらうので、利用者に返済能力がなければ、貸し損してしまいます。しかし、現金化業者では、利用者がショッピング枠を使って現金化するときに、現金にした一部を手数料として受け取っています。それゆえに、現金化では、利用者の返済能力はあまり審査の基準にはなっていないのです。

審査に必要なのは本人確認

 クレジットカード現金化の審査がいかに簡単であろうと最低限必要なものというのはあります。
 それは本人確認証明書です。現金化する際に、本人かどうかわからないと
利用するカードが悪用されてしまう可能性があるので、必ず提出しなければなりません。このようにすることで、現金化する上で最低限のセキュリティは維持することができます。

現金化は簡単だけども返済は大変

 現金化で一番意識すべきことは、現金化業者の選び方でも、バレるリスクでもありません。返済プランが最も現金化をする上で、重要な要素となります。
 現金化をして、消費するのはとても簡単ではあります。しかし、現金化した額分のお金を稼いで、返済するというのは容易なことではありません。なぜなら、普段の生活水準を切り詰めるなど、支出を絞らなければ、返済すべき余分な現金というのが出てこないからです。
 現金化を利用する際には、返済後するときのイメージをしっかり作った上で、行いましょう。

まとめ

・消費者金融の融資を受けるには、必要な書類を集めたり、いくつかの手続きを踏む必要があります
・現金化の場合だと、本人確認だけで手軽に利用することができます。

以上がクレジットカード現金化の審査についてでした。 審査の観点から言えば、現金化というのは一番利用者に優しいかもしれませんね。120def697f48ab695e43eff403307195_s

現金化には契約書類は不要です。

9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_s

消費者金融や銀行での借入れ時には、収入証明書や身分証明書に加えて、同意書などの契約書類が必要となります。なぜなら、それらの書類は、お互いに契約内容を守らなければならないという約束を法的に証明するためです。これによって、利用者は契約通りの金額を借りることができ、融資先は借金を踏みたおされないように保障されることとなります。

現金化には一切の契約書類はありません

 現金が必要な時の便利な手段として、クレジットカードの現金化はとても有名です。しかし、現金化には契約すべき書類というものはありません。なぜなら、現金化業者というのは貸金業者ではないからです。実際に、現金化業者が利用者にお金を貸すというような行為はしません。
 もちろん、申し込み時には、身分証明書や銀行の口座番号・カードの番号など、現金化に必要な情報を業者に伝える必要はあります。しかし、書類にサインをするというようなことは一切ありません。
 

現金化で必要なことをまとめてみた

 現金化業者の中には、個人情報を得ようとして、契約書類に署名することを求めるものを少なからずいます。しかし、そのようなことを要求されても、個人情報について書いてしまったり、印鑑で捺印するということはしないように気をつけなければなりません。
 それでは、現金化に必要なものがなんであるかについてしっかり確認していきましょう。

 クレジットカード現金化に必要なもの
・自分名義のクレジットカード番号
・保険証やパスポートなどの身分証明書
・銀行口座

 このほかにショッピング枠に余裕があることが必須となります。現金化ではカードの枠分までしか現金に変えることができないのでここは当然ですね。
 また、クレジットカードはおもて面に記載されている番号のみが必要となり、暗証番号及びセキュリティ番号は決して、教えてはいけません。もし、この二つの情報がバレてしまうと、業者に悪用されてしまう可能性があります。

契約書がないことによるリスク

 契約書がないことで、周りにバレにくいというメリットがあります。一方で、業者が悪徳であった場合だと、申し込み時と契約時で内容が違ったり、実際の還元率が低かったりと騙されてしまうことがある時に不安です。
 そのような時には、なるべく証拠を残すようにしましょう。証拠というのは契約書のような形式的なものだけではなく、現金が振り込まれた時の履歴・申し込み時のメール履歴など、数をあげれば様々なものが証拠となりえます。

現金化業者の選び方をしっかり

 現金化というのは非常に便利であるものの、業者をしっかり選ばなければ、大損をしてしまうということもあるため、利用には注意が必要です。
 ここでは業者の選び方については詳しくは述べませんが、簡単にポイントを紹介していきましょう。

 ・条件が良すぎる業者
  換金率が高すぎるものは注意です。手数料などを考えると95%というような換金率は利益が出ないばかりか、赤字になってしまいます。

 ・ホームページの作りが雑な業者
 利用者はホームページでしか業者の良し悪しを判断することができません。そのため、優良業者であれば、利用者がみやすいようなサイトを作っています 

 ・住所が正確でない
  事業をする上で、事務所というのは必要なものとなります。そのため、住所が不正確なものは、その場所に事務所を構えていない怪しい業者である可能性が高いです。 

まとめ

・クレジットカードの現金化に契約書類は必要ありません。
・個人情報などを業者に伝えてしまうと悪用されてしまうことがあるので気をつけましょう。
・現金化業者の選び方で、現金化の良し悪しが決まってくるのでしっかりと確認しましょう。

以上が現金化には契約書類は不要についてでした。現金化業者の選び方は別の記事でしっかりと解説しているので、ぜひ参考にしてください。